渋谷でワゴン車暴走!!・・・「免停になって仕事できなくなると思った。」

スポンサーリンク

9月25日夜に東京・渋谷のスクランブル交差点でワゴン車を暴走させた男は、覚醒剤所持で有罪判決を受け、執行猶予中だったという。

三吉容疑者は、同区宇田川町の路上でパトロール中の警察官に職務質問を受けた直後に逃走。

歩行者が横断中のスクランブル交差点に信号無視をして進入し、そのまま逃げた。けが人はいないが、あわや大事故になりかねなかった状況で、現場は一時騒然。

ナンバーなどから三吉容疑者が使用している車両だと判明し、警視庁が行方を追っていた。

スポンサーリンク

その後10月3日午前、三吉容疑者は、自ら警視庁渋谷署に出頭した。

 

「交通違反をしたと思い、免許停止になれば仕事ができなくなるから逃げた」と供述。

 

三吉容疑者は当時、免許証を携帯していなかったというが、覚醒剤が絡んでくるとなると、どうもウソくさく思えてくる。

 

逮捕容疑は、パトカーの追跡を逃れるためにワゴン車を周囲に危険を及ぼす速度で運転し、路上のポストコーンに車を衝突させ破損させた上、報告を怠ったなどとしている。

 

 

一方で、道玄坂あたりにドラッグを買いに来ていたのではないか。だから警察官に職務質問され、慌てて逃げたのでは、とみる関係者もいます。

 

 

疑われても仕方なさそうだが、暴走男は昨年末、インターネット上の“人探し”掲示板に、こんな切羽詰まった書き込みもしていた。

 

 

『妻と子供達を知りませんか? ケンカも争いもないし、何不自由なく普通の家庭でしたが、突如、妻と子供達がいなくなりました。妻達は、いなくなってすぐに警察に行き、私がDVだと訴え、保護施設に11月17日まで居たようです……』

 

 

妻子の家出に覚醒剤と、いろいろ問題を抱えていたようなのだが、そもそも三吉容疑者は今年6月まで、仙台市の土木建築会社の社長だった。それも「社員20人ほどの小さな会社ですが、この3年は黒字続きだった」という。

 

 

「奥さんが家を出て行ってしまい、それで覚醒剤に手を出してしまったそうです。覚醒剤で逮捕されたのに社長というわけにはいかないからと、一社員に“降格”となったのですが、それも7月まで。会社所有のワゴン車に乗っていたようですが、8月1日から会社に籍はありません。」

 

 

仙台市の土木建築会社社長が、いったん身を持ち崩すと、あっという間ですね。

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ