茨城・日立の母子6人死亡火災! 父親が出頭・逮捕

2017年10月7日

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城・日立市のアパートで火事があり、この部屋に住

 

んでいたとみられる子ども5人を含む6人が死亡。30代の父親が「火を付けた」と警察に出頭し、殺人の疑いで逮捕されました。

6人が死亡した日立市の県営アパートでは、現場検証が続いています。

 

日立市消防本部によると、消防車や救急車など車両約10台が出動、午前5時50分ごろに鎮火した。他棟に延焼はなかったという。

 

現場はJR常磐線小木津駅の南西約2キロ。約20棟の県営アパートが立ち並んでいる。

 

警察によると6日午前4時半ごろ、日立市の県営アパートで火事があり、焼け跡から見つかった6人全員が死亡した。小松容疑者の妻の恵さんや、小松容疑者の7歳~3歳の子どもとみられる遺体が見つかっているという。

スポンサーリンク

 

死亡した6人について警察は、小松博文容疑者(32)の妻と3歳から11歳の子ども5人とみて身元の確認を急いでいて、6日中に確認を終えられるだろうとしている。

 

 

警察は6日午前、このアパートに住む女の子(11)を殺害したとして父親を緊急逮捕したと発表した。

 

火災発生後、現場からおよそ3km離れた日立警察署に自首した小松容疑者は、自宅で女の子を殺害した疑いで緊急逮捕されたが、調べに対し、殺人の容疑を認め、ほかの5人の殺害にも関与したと供述しているという。

 

小松容疑者は日立市内の自動車関連会社に勤務していたが、9月下旬に、妻の体調が悪く入院するため、しばらく会社を休むとメモ書きを残したまま出社していなかったという。

 

また、6人の遺体の一部には、切り傷や刺し傷があり、血まみれの状態で発見されていて、小松容疑者が自首したことなどから、警察は、小松容疑者が家族を殺害したあと、自宅に火をつけたとみて調べている。

 

 

 

事件の背景については、知人への取材で、小松容疑者と妻との間で浮気をめぐるトラブルがあり、最近、離婚の話が持ち上がっていたことがわかったが、警察は、これまでのところ、動機について明らかにしていない。

 

小松容疑者は、警察の取り調べに対して、取り乱したりすることはなく、淡々と応じているという。

 

また周囲からは、小松容疑者と妻との間に、交友関係をめぐるトラブルがあったとの証言があり、小松容疑者の知人は、恵さんが再婚するために、小松容疑者と離婚することが決まっていたと話す。

 

 

容疑者の知人は「きのうの夜の話では、離婚すると決まって、自分が悪くないのに(妻と再婚相手から)『車を持っていく』とか、そんなことも言われたらしいんですよ」と話した。

 

 

夫婦間のトラブルが犯行の動機だったとしても、まだ幼い子どもたちに非はないのに...
痛ましい事件の解明が急がれますね。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローする