高速路肩で親子はねられ死亡 事故の詳細は??

スポンサーリンク

 

 

 

 

岡山県津山市坪井上の中国自動車道で18日夜、路上に落ちていたタイヤに接触した大型トレーラーが横転し、路肩に避難していた親子2人、岡山市北区の大学生・中村亜美さん(21)と母親で広島市安芸区の歯科技工士・中村美香さん(49)で、2人とも死亡しました。大型トレーラーを運転していた岡山県真庭市の(47)の男性が、軽いけがをしました。

 

運転手の男性は、岡山県警高速隊に対し「タイヤを避けようとしたが、制御不能になった」と話しているという。

スポンサーリンク

 

タイヤは重さ約90キロの大型車両用だったことが県警の調べでわかった。県警は現場の状況などから予備のタイヤが落ちていた可能性が高いとみており、落として走り去った車両の特定を進めている。

 

県警によると、タイヤは道路の真ん中に落ちており直径が約1メートルあり、ホイールにはボルトやナットはついておらず、周辺には脱輪の際に落ちる細かい金属片なども見当たらなかった。現場付近には車体と予備のタイヤをつないでいたとみられるチェーンも落ちていたことから、走行中の車両からタイヤが外れたのではなく、予備のタイヤが落ちた可能性が高いという。

 

県警は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑などの適用も視野に入れており、タイヤを落とした車両の特定を進めるため、目撃情報を集めるなどしている。

 

親子はなぜ高速道路の路肩に立っていたのか。

 

はねられる直前、親子が乗っていた軽自動車は、エアバッグが作動し、前輪も大きく破損していた。親子は「路上に落ちていたタイヤに乗り上げ事故を起こした」と110番通報をしていたが、通話中に切れた。

警察によると黒い軽自動車で高速道路を走行中に路上に落ちていたタイヤに乗り上げ、事故を起こしたという。110番通報をした後、2人は車を降り、路肩へ避難していたとみられる。

通報から数分後。後ろから来たトレーラーも同じタイヤに乗り上げ横転。路肩にいた2人を巻き込み、ガードレールへと衝突した。

 

この事故で、中国自動車道の上り線は、この区間でおよそ10時間にわたり通行止めになりました。警察がタイヤが落ちた経緯や所有者についても調べ、落としたトラックの行方を追っている。

 

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ