台風21号、大雨や土砂災害に警戒

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

超大型で非常に強い台風21号は、22日夜から23日にかけて西日本から東日本にかなり接近し、23日には上陸するおそれがある。月曜日は広い範囲で交通機関が乱れ、通勤・通学にも影響する可能性がある。暴風や高波、大雨に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒が必要だ。

 

気象庁によると、台風21号は22日午後2時現在、日本の南の海上を時速35キロで北に進んだ。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。半径280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 

台風は東海や関東に上陸し、そのまま列島を北東に進む見通し。23日にかけて西日本や東日本を中心に非常に激しい雨が降る見込みで、同日朝は首都圏などで通勤通学への影響が懸念される。台風が通過する地域では雨が長引くことが予想され、気象庁は、重大な災害の発生が予想される時に出される「特別警報」を発表する可能性もあるとしている。

 

23日正午までの24時間予想雨量は多い所で、東海600ミリ▽近畿・北陸400ミリ▽関東甲信300ミリ▽四国・中国・東北250ミリ。同日にかけて予想される最大風速は、東海・関東甲信35メートル▽近畿・北陸・東北・北海道30メートル▽九州南部・四国・中国25メートル。

 

 

 

今回の台風は超大型で、秋雨前線の影響も受けるので、中心からかなり離れたところでも、風や雨が強まる特徴があり、厳重な警戒が必要となる。

 

雨が強まってから、屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。雨や風が強まってきたら、不要不急な外出を控えるとともに、増水した川や用水路には絶対に近づかないよう十分に注意してください。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ