現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アップル新型スマートフォン「iPhone X」とは??

スポンサーリンク

 

 

 

Appleが9月12日に発表した今年3機種目の新型スマートフォン、「iPhone X」が、11月3日の発売を前に、10月27日午後4時1分から予約を開始した。世界的に非常に数が限られているとみられることから、予約しても発売日に手元に届く人の数は限られる可能性がある。

 

iPhone Xは既に発売済みのiPhone 8シリーズに搭載されている機械学習処理とグラフィックス性能を高めたA11 Bionicプロセッサ、新しいセンサとカラーフィルタを搭載する1200万画素カメラ、ワイヤレス充電、ガラスバックのボディなど多くの共通点を持つ。

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます! 画像をクリックして詳細を確認

 

その上で、iPhone最大サイズとなる5.8インチの有機ELディスプレイを採用しホームボタンを廃止した新しい全面ディスプレイのデザイン、ステンレススチールのフレーム、そして顔面認証のFace IDを実現するTrueDepthカメラを搭載し、新しい世代の方向性を示すモデルとなる。

 

アプリ開発者から見るiPhone Xの大きな変化は、ホームボタンがなくなったこと、そしてディスプレイが縦に伸びたことだ。iPhone 8シリーズでは縦横比が共通だったため、デザインの最適化を行う必要が出てくる。さらに、縦長のディスプレイであることから、画面上部にあるボタンなどにはより手が届きにくくなり、ユーザーインターフェースデザインの再設計も必要になるだろう。

 

iPhone Xの出荷台数が限られると言われている。人気も集中することから、開発者自身が手に入れられるiPhone Xの数も限られることになるだろう。アプリ開発者としても、当面は使用上の分かる範囲での対応に留まることが予測される。

 

Appleとしては、縦横比やホームボタンなしの操作性など、新しい使用が今後も続いていくかどうか、早めに答えを出しておかなければ、iPhone Xユーザーがアプリを使う上で、最良の体験を引き出すことができなくなってしまう可能性がある。

 

iPhone XはiPhoneとして初めて有機ELディスプレイを搭載した。コントラスト、薄型化、省電力化、折曲げなどのデザインの自由度など、スマートフォンを設計する上で、液晶ディスプレイに比べて様々なメリットがある有機ELディスプレイ。

 

Androidは数年前からハイエンドモデルで採用されており、iPhoneへの採用で、スマートフォンのディスプレイの勢力図が一挙に有機ELに傾くことが予測できる。現在Samsung一強の状態が続いているが、他のメーカーも供給を急ぐことになりそうだ。

 

iPhone Xのもう一つの新しい要素であるTrueDepthカメラは、赤外線カメラで深度データを正確に計測することで、顔面認証のFace IDを高速に実現できるが、それ以外にもカメラ1つで高品位なポートレートモードの撮影を実現したり、絵文字をリアルタイムで動かしたりできる「Animoji」など、セキュリティ以外の活用の道も開いている。

 

 

 

 

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ