テキサスの銃乱射、26人死亡容疑者の26歳男も死亡

スポンサーリンク

 

 

約1カ月前に58人が犠牲となる銃乱射事件が起きた米国で新たな乱射事件が起き、26人が死亡した。現場はテキサス州の小さな町の教会で、ほとんどが顔見知りという住民たちは衝撃を受けている。一方、銃乱射事件のたびに起きている銃規制論議は進んでいない。

 

州当局によると教会にいた5~72歳の計26人が死亡し、約20人がけがをして病院に運ばれた。発砲した男は逃走中に死亡した。米連邦捜査局(FBI)などが詳しい状況を調べている。

 

米CNNの現場映像には、教会周辺に多くの捜査車両や救急車などが並び、救急隊員がストレッチャーを搬送用のヘリコプターに移す様子が見える。

 

教会の近くの商店にいた女性はCNNの取材に、「午前11時半ごろ教会から銃声がきこえ、20発くらいが乱射されるのが聞こえた。店にいた客がすぐ警察に通報した」と話した。

 

 

 ロイター通信によると20人が負傷した。米連邦捜査局(FBI)が地元警察と連携し、テロの可能性などを捜査している。

スポンサーリンク

 

 AP通信は複数の当局者の話として、男は同州の主要都市サンアントニオ近郊に住む白人の男(26)と報じた。発表によると、男は5日午前11時20分頃、黒装束で教会近くのガソリンスタンドに現れた。その後、日曜礼拝中だった「ファースト・バプテスト教会」に、黒ずくめの格好をした若い男が銃を撃ちながら侵入し、教会内でも無差別に発砲を続けた。

 

 

男が教会を出たところで、住民がライフルで応戦。銃を捨てて車で逃げる男を住民が追跡した。男は近くの町で衝突事故を起こし、車の中で死亡しているのが見つかった。射殺されたのか自殺かは不明。男は防弾チョッキを身につけていた。

 

 

訪日中のトランプ米大統領は6日、南部テキサス州で起きた銃乱射事件について「邪悪な行為だ」と非難した上で、「われわれの痛みや悲しみは、とても言葉にできない」と述べ、犠牲者の家族らに哀悼の意を表した。

トランプ氏はまた、「涙と悲しみを乗り越えて強く立ち上がろう」と述べ、犠牲者の遺族や関係者を励ますとともに、連邦捜査局(FBI)などが事件の解明に向けて州当局を支援していくと表明した。

 

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ