連続青酸事件、筧千佐子被告に死刑判決

スポンサーリンク

 

 

 

京都、大阪、兵庫で起きた青酸連続不審死事件で、殺人などの罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)に京都府向日市の裁判員裁判判決公判が7日、京都地裁で始まりました。中川綾子裁判長は起訴された4事件についていずれも有罪と認定し、検察側の求刑通り、死刑を言い渡しました。

 

 

弁護側は認知症の影響で責任能力はなかったなどとし、無罪を主張。筧被告を犯人だとする直接証拠に乏しく、公判では筧被告の法廷供述に注目が集まったが、筧被告は、被告人質問で殺害の事実を認めながら「殺害したイメージがわかない」と翻したりするなど、供述が二転三転。事実認定や量刑判断が注目されていました。

 

6月の初公判から判決日までの実審理期間は135日に及び、裁判員裁判としては過去2番目の長さとなりました。

 

筧千佐子被告は逮捕される前、事件への関与を否定していました。

逮捕前の取材には「殺人とかそんなことしてません。すごいショックで、なんでやねんという思いです」と話していました。

スポンサーリンク

一連の疑惑が浮上したのは4年前の平成25年12月、京都府向日市で被告の夫だった勇夫さん(当時75)が死亡したことがきっかけでした。

勇夫さんの遺体から致死量を超える青酸化合物が検出され、警察は殺人事件として捜査を始めました。

その結果、勇夫さんが亡くなったのは被告と結婚してわずか1か月後だったことや、勇夫さんに多額の生命保険がかけられていたことがわかり、警察の捜索の結果、被告の自宅から微量の青酸化合物が入った袋も見つかりました。

ほかにも、内縁関係にあったり金銭トラブルがあったりした複数の男性が死亡していたこともわかりました。

その後被告は、勇夫さんと、内縁関係にあった大阪・貝塚市の本田正徳さん(当時71)、兵庫県伊丹市の日置稔さん(当時75)の合わせて3人を殺害した罪と、知人だった神戸市の末廣利明さん(当時78)に対する強盗殺人未遂の罪で起訴されました。

別の男性4人に対する殺人などの容疑でも追送検されましたが、いずれも十分な証拠がないとして不起訴になりました。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローする