政府・与党、たばこ増税1本3円で調整

スポンサーリンク

 

 

 

政府が、平成30年度の税制改正で検討しているたばこ税の増税について、来年10月から3年かけて1本当たり3円程度引き上げる案を軸に与党との調整に入ったことが7日、分かった。紙巻きたばこより税額が低い加熱式たばこの増税も検討する。ただ、自民党内では、葉タバコ農家の影響に配慮して増税への反対論も強く、12月14日の与党税制改正大綱の決定に向け調整が難航する可能性もある。

 

 

まず来年10月に1本当たり1円増税し、31年は消費増税と重なるためいったん見送って、32年と33年にそれぞれ1円ずつ引き上げる案がある。3円の増税になると、20本入りの1箱当たりで60円の増税になる。

 

 

たばこ税の増税が実現すれば22年10月以来8年ぶりとなる。22年は1本当たり3・5円増税され、主要銘柄で1箱110~140円の値上げになった。

 

 

3円の増税で見込まれる増収分は2千億円超。その分は消費税率10%への増税時に食料品などに適用される軽減税率で不足する財源の穴埋めに充てる方針だ。

スポンサーリンク

 

 

政府は軽減税率の導入で減る約1兆円の税収のうち約4千億円は低所得者の医療や介護費負担を軽くする「総合合算制度」の創設見送りで賄うことを決めているが、残る6千億円の財源確保が課題となっている。

 

 

一方、自民党税制調査会は7日、衆院選後初の非公式幹部会を開き、平成30年度税制改正の主要論点を整理した。たばこ税の増税については党内の反対論も踏まえ慎重に検討を進める。

 

 

度重なる増税で喫煙者にとっては厳しい情勢だが、喫煙文化研究会の山森貴司事務局長は、「喫煙者がいじめを受けている」と語った。

 

同じく7日には、高所得を得ている会社員や年金受給者を対象に所得税の増税が検討されていることもわかっており、増税の話が多いと感じるのも無理はない。

 

 

低所得者ほど喫煙率が高いことから「低階層に対する、正論に名を借りた体のいい『いじめ』」という声もあった。「いじめ」かどうかはともかく、たばこ税は逆進性の高い税金だと言えそうだ。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ