ボクシング井岡一翔がまさかの引退!?会長の父が明かした理由とは??

スポンサーリンク

 

 

 

 井岡ジムは9日、3階級制覇のWBA世界フライ級王者・井岡一翔(28)が同日付で、5度防衛した同王座を返上すると発表した。最近6年連続で恒例となっていた地元大阪での大みそかの世界戦興行も今年は行わない。

 

 

 10月中旬に井岡と面談した父でプロモーター兼トレーナーの井岡一法会長(50)がこの日、大阪市内の同ジムで会見。王座返上の理由について「大みそかには準備が間に合わないので、いったん返上する。年明けに始動するかは本人次第」と説明。このまま現役を引退する可能性も出てきた。世界王者が階級転向や引退などの進退を明言せずに王座を返上するのは極めて異例だ。

 

 

 井岡は4月23日に大阪で同級2位・ノクノイ(タイ)に判定勝ちし、同王座5度目の防衛。具志堅用高氏に並ぶ国内最多の世界戦勝利数14に並び、今後の記録更新が期待されていた。

 

5月17日には、交際していた歌手の谷村奈南(30)と結婚。現在は都内を生活拠点としているが、練習拠点の大阪での本格練習をいまだ再開していない。井岡本人がまだ公の場で自身の進退に関してコメントしておらず、全国のファンへ向けて、その意思表示が待たれる。

スポンサーリンク

 

プライベートで調整不足が原因という異例の事態。一法会長が苦渋の表情を浮かべた。

 

「一翔と話し合い、大みそかの試合に間に合わないという結論になった。相手もあることだし、いったん返上という形になった。プライベートを優先することでコンスタントに練習できなかったことが原因」「新婚やし、いろいろ生活の準備があるようです。プライベートのこと、夫婦のことに口は出せない」と、一翔が私生活に時間を割いていることを明かした。

 

一翔も28歳。ブランクが長引けば選手生命に影響を及ぼす。同会長は「2つに1つやから。本人にスイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない。仮に身を引くなら、引退式もやる」と引退の可能性もにおわせた。その一方で「でも、やる気はあると思いますよ。週に3、4日走ってると言うてるし、体重もキープしてる。やる気がなければ、しませんよ」と弟子であり息子の“復活”に期待をかけた。

 

父の一法会長は元プロボクサー、叔父の弘樹氏は世界2階級制覇の実績を持つなどボクシング一家に生まれた。4月に5度目の防衛に成功し世界戦通算14勝目。具志堅用高の持つ日本記録に並んだ。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ