紅白歌合戦の司会者決まる、選ばれたのはまさかの…?!

スポンサーリンク

 

 

 大みそか恒例のNHK紅白歌合戦の司会者が13日、発表され、総合司会はNHKの番組「LIFE!」で座長を務めるお笑い芸人の内村光良さん、紅組はことしの連続テレビ小説でヒロインを演じた俳優の有村架純さん、白組は人気グループ「嵐」のメンバー、二宮和也さんが務めることになりました。

 

総合司会に決まった内村光良さんはお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」で人気を集め、NHKの番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」では座長を務めています。

 

番組では中心的な役割を果たし、お茶の間に笑いを届けてきた。民放でも、高視聴率を獲得している日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」のほか、多くのバラエティー番組で司会を務めている。NHKは総合司会起用について、「『LIFE!』でこれまでになかった新しい風をNHKに吹き込んだ。さまざまな番組の司会経験を存分に発揮し、紅白全体を盛り上げてほしい」としている。

 

 

同局アナウンサー以外で総合司会の大役を任されたタレントはこれまで、83年のタモリ、15年の黒柳の2人だけ。内村は「紅白の総合司会とはいったいどういう総合なのか、総合的に体感してみようかと思います」とユーモアを交えてコメントしたが、「でも本番はそんな余裕もなく、あっという間なのでしょう。とにかく皆さんと一緒に楽しもうと思います」と国民的番組の重圧も予想しつつ、心境を言葉にした。

スポンサーリンク

 

ちなみに紅白には98年に「歌手」として出場も果たしている。千秋(46)ウド鈴木(47)と組んだユニット「ポケットビスケッツ」のメンバーとして、ウッチャンナンチャンの相方、南原清隆(52)や天野ひろゆき(47)ビビアン・スー(42)による「ブラックビスケッツ」とスペシャルバンドで初出場した。

 

なお同局は、災害など緊急時の対応もあるため、総合司会に同局アナウンサーを追加することも検討中という。

 

 

有村については「2年連続2回目の紅組司会となります。今年は、連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロイン・谷田部みね子として、日本中に笑顔と夢を届けてくださいました」と明かし「きっと紅組を力強く引っ張っていただけるものと考えています」と期待を寄せた。

 

 

対する白組の司会を担当する二宮には「嵐として、そして俳優としての実績はもちろんのこと、バラエティー番組などの司会でも人気を集めています」と起用理由を説明。「嵐のメンバーとしては、第61回から65回まで5回の白組司会を担当されていますが、1人での紅白の司会は初。持ち前の明るく親しみしやすいキャラクターで、白組を盛り上げていただきたいと考えています」と思いを伝えた。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ