相撲業界がヤバイ!!日馬富士関がビール瓶で貴ノ岩関を殴打!?日本相撲協会が調査、貴乃花部屋へ謝罪に

スポンサーリンク

 

大相撲の東横綱日馬富士関(33)本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋が10月の秋巡業中に幕内貴ノ岩関(27)本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋をビール瓶などで殴打して大けがを負わせていたことが14日、分かった。

 

日馬富士関は同日午前に福岡県太宰府市の朝稽古後、報道陣の取材に応じ「このような貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の皆様、相撲協会、部屋の親方に大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。暴行を事実上認めた。日馬富士関は同日の九州場所3日目から休場する。

 

 

大相撲九州場所を頭蓋底骨の骨折などで休場している平幕の貴ノ岩について、けがの原因が横綱・日馬富士による暴行の疑いがあることがわかり、日本相撲協会は緊急の会合を開いて事実関係の把握を急いでいます。

 

貴ノ岩は九州場所を初日から休場し13日、相撲協会に脳振盪(しんとう)、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋(ずがい)底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間の診断書が公表されていた。

 

 

診断書では、状態が安定すれば九州場所で復帰できるとしているが、途中出場するかどうかは分からない。

事態を重く見た日本相撲協会幹部は同日午前、九州場所を開催中の福岡国際センターで緊急会合を開いた。八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部が日馬富士関の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)から事情聴取した。

 

協会関係者によると、日馬富士関は10月26日に鳥取市で秋巡業が開催された後に開かれた会食の席で口論となって貴ノ岩関にビール瓶などで暴力を振るったとされる。

スポンサーリンク

 

「秋巡業中の先月26日に行われたモンゴル出身力士の親睦会で、日馬富士がビール瓶で貴ノ岩の頭を殴った」と話していることがわかりました。

 

日馬富士はモンゴル出身の33歳で平成13年初場所に初土俵を踏みました。軽量ながらスピードのある立ち合いと気迫あふれる取り口で番付を上げ、平成16年春場所で十両に昇進、その年の九州場所で新入幕を果たしました。

同じ頃に入門した白鵬や稀勢の里などとともに番付を上げ、平成21年初場所で大関に昇進。その年の夏場所に初優勝を果たしました。

平成24年には名古屋場所から2場所連続の全勝優勝を果たして、第70代横綱に昇進しました。
横綱に昇進したあとはひじのケガなどに苦しみながらも優勝を重ねました。

先場所は4横綱の中でただ1人休場せず、9回目の優勝を果たして横綱の責任を果たし、横綱審議委員会から「きつい思いをしながらも頑張り通した気力には敬意を表さなければいけない」と評価されていました。

 

 

大相撲では平成19年に時津風部屋の序ノ口力士が名古屋場所前に宿舎で当時の師匠や兄弟子にビール瓶で顔や頭などを殴られる暴行を受け死亡する事件が起きました。

 

この事件では当時の時津風親方が日本相撲協会から解雇処分を受け、その後、傷害致死などの罪で有罪判決を受けました。

 

さらに平成22年には当時の横綱・朝青龍が、酒に酔って知人の男性に暴行しけがをさせた事件が発覚して現役の横綱が責任をとって引退する事態に発展しました。
朝青龍は、その後傷害の疑いで書類送検されました。

 

日本相撲協会では、たび重なる暴行事件を受けて講習会を実施するなど再発防止策を進めてきましたが再び現役の横綱に暴行の疑いが持ち上がる事態となりました。

 

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ