いしだ壱成、はやくも新恋人!?お相手はまさかの19歳!!

スポンサーリンク

 

 

 

いしだは8月に2014年に再婚した一般女性と離婚。16日発売の『週刊文春』(文春オンライン)では5月の舞台『午前5時47分の時計台』で共演した飯村貴子(19)との半同せいが報じられた。会見でいしだは「事実です」と報道を認め、交際の経緯を問われると「早い話が一目ぼれ」という。ただ、交際が始まったのは「離婚した後です」と結婚生活との重なりはないことを断言した。

 

 

飯村は、16日発売の「週刊文春」で報じられたいしだとの交際について、自身のツイッターに「今回の騒動でお騒がせしております! 週刊文春さんのおっしゃる通り 私飯村貴子は、俳優のいしだ壱成さんと交際させて頂いております!」と認め、「しばらくの間、お騒がせするかもしれませんが 女優業の方頑張りますので変わらぬ応援よろしくお願い致します」と呼びかけた。今回の報道の反響は大きく、16日には「フォロワーさん1000人越え!!!」と自身でも驚き。「急に環境が変わりすぎて、正直戸惑っております…」とつづった。

 

 

またお互いを「いっくん」「たあたん」と呼び合う仲であることを告白した。

 

一方のいしだも15日に都内で会見を開き、自身を「結婚不適合者」と称し、飯村との将来についてはまだ踏み切れていないことを明かした。 右手薬指には飯村からのプレゼントの指輪を光らせたが、「恋人としてみるようになったのは、離婚が成立してから」と不倫関係だったことは否定している。

スポンサーリンク

 

父の俳優・石田純一(63)には「つい先日、紹介しました」と説明。「僕にとっては(父は)大きな希望。3度目の結婚でようやく…というところまで似てくれればいいな」と、父と同じく3度目婚で幸せをつかみたいという思いを口にした。

 

 

バラエティ番組「良かれと思って!」(フジテレビ系)に出演した壱成は、離婚の原因として、「朝起きたら水と白湯を用意する」「サラダを食べる際には7種類のドレッシングを用意する」などの細かいルーチンを妻に強要していたことを告白した。結局、妻が家を出て別居状態になり、8月半ばに離婚届を提出したという。

 

 

現在も3つほど残っているが、逆に飯村に尽くしているとも。奉仕の精神が芽生えたそうで「人間、変われば変わる」とにっこり。「できれば続けたかった」が飯村への思いがいしだの気持ちを変えたという。「今はドレッシングないです」と笑顔で話し、風呂上がりの飯村へバスタオルを用意することをうれしそうに話した。ルーティンが崩れるといしだが激怒したことが離婚の理由になったが、今は「全然ない」とのろけ、これまでの亭主関白については「全撤回したい」と言い切った。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ