広瀬すず、朝ドラ100作目ヒロイン前倒し発表!99作目「まんぷく」主演より先に発表

スポンサーリンク

 

女優、広瀬すず(19)が2019年度前期のNHK連続テレビ小説「夏空」に主演することが20日、分かった。朝ドラ初出演のすずは、オーディションではなく、制作側のラブコールで同枠100作目のヒロインに大抜てき。今回は、長期にわたる撮影日程などを考慮し、99作目のヒロイン発表を待たず、放送の1年5カ月前に異例のスピードお披露目。東京・渋谷のNHKで会見したすずは「新しい風を吹かせたい」と歴史に残る熱演を約束した。

 

 

「夏空」がスタートする19年4月時点ですずは20歳。“大人の役者”として朝ドラ記念作で国民的女優へと飛躍する。

 

 

「(朝ドラ)100作目というのはすごく大きな数字。プレッシャーを感じていますが、新しい風を吹かせたいです」

 

活発でさわやかなイメージのすずだが、この日はシックな紫のドレスで登場。ヒロイン決定の知らせを受けたのは前日19日で、「最初に聞いたときは『えっ?』という気持ちで、まだ実感がなくて」と興奮冷めやらぬ様子。一方、デビュー5年目でつかんだ大役に「朝ドラは朝の日常というイメージ。憧れの存在でうれしいです」と大きな喜びをかみしめた。

 

「夏空」は昭和の高度経済成長期に北海道で育った主人公なつが草創期のアニメ業界で奮闘するオリジナルの感動作。

 

朝ドラのヒロインは通常、オーディションで決定するが、すずは今年度前期に放送された「ひよっこ」の有村架純(24)同様、同局の“直接指名”で選ばれた。

スポンサーリンク

 

「三度目の殺人」や「先生!、、、好きになってもいいですか?」など映画で見せる幅広い演技力に惚れた「夏空」の磯智明チーフ・プロデューサー(51)は「夢や希望に向かって進む朝ドラのヒロイン像に加え、今回はダイナミックなストーリー展開に対応する繊細な演技力が要求される」と起用理由を説明した。

 

劇中で北海道の四季を描くため、来夏にクランクインする撮影は1年4カ月を予定。制作陣は長期ロケの準備などを見据え、今回は放送開始の1年5カ月前という異例のスピード発表となった。

 

すずは体力面について放送中の朝ドラ「わろてんか」に出演する姉、広瀬アリス(22)を引き合いに「お姉ちゃんを見ていると、朝ドラの大変さが分かる」としみじみ。それでも「8年間やってきたバスケットボールとこの仕事で鍛えた体力で、負けないようにしたい」と気合十分。力強いヒロイン像でお茶の間に元気な朝を届ける。

 

同局が14日に発表した18年度後期の朝ドラ「まんぷく」のヒロインはまだ発表されていない中での次回作のヒロイン発表。磯氏も「記憶にない」という早さだ。その背景について、「いつもより3~4か月ほど早い来夏から北海道で撮影が始まることになった。季節に合わせた長いロケが必要」と説明。さらに「NHKの働き方改革で制作期間を長く取るようにした」と、ゆとりある期間で撮影の密度を下げることも原因に挙げた。

東京五輪・パラリンピックを翌年に控えた100作目の朝ドラは、極めて異例な形でスタートを切った。

スポンサーリンク
関連コンテンツ