ヒロミ、リフォーム大好評!日テレ「有吉ゼミ」高視聴率19.9%

スポンサーリンク

 

 

 

20日に放送された日本テレビ「『ヒロミ、自宅を作る。』完成披露SP・八王子リホーム6か月完全密着」(月曜後7・00)が平均視聴率19・9%の高数字を記録した。「有吉ゼミ」(月曜・後7時)の人気コーナー企画の特別編。前週13日の「有吉ゼミ」通常放送分の平均視聴率は13・8%で、一気に6・1ポイントの“爆上げ”となった。

 

この日は「有吉ゼミ」特別編として放送され、タレントのヒロミ(52)の半年間にも及ぶ自宅リフォームに密着した様子を放送した。ヒロミは築31年広さ280平米の自宅を自らの手でフルリフォーム。5月に家中を破壊し、スタートした半年にも及ぶプロジェクト。さまざまなアイデアを生かした手作りのリフォームに、妻でタレントの松本伊代(52)も大感激だった。その完成度には、現場に駆け付けた「おぎやはぎ」の矢作兼(46)や水卜麻美アナウンサー(30)も驚きの声を上げた。

 

コンセプトは「常に緊張感のあるホテルのような家」で、モデルは高級ホテル・グランドハイアット東京。1トン分のヨーロッパ産の天然石をリビングの壁に貼り、暖炉まで購入。リフォームと並行して、23万円の洗濯機など計14点、金額にして94万円分の家電も“爆買い”。さらに21万円のサイドテーブルなど高級インテリア、家具も1日で200万円分買い込んだ。

スポンサーリンク

 

130万円で購入した大型冷蔵庫が置かれたキッチンも手作り。パウダールームには、妻の松本伊代(52)用の大型の「女優ミラー」付ドレッサーまで製作。松本は一新された家のホテル仕様のキッチンに足を踏み入れたとたん、「何これ!? すご~い!お店みた~い! めちゃ変わった~!」と興奮。その場でピョンピョンと飛び跳ねる様子も放送された。

 

同番組の町尻プロデューサーは「180日間にわたって密着させて頂いたヒロミさんご自宅のリフォーム。その完成を皆様に楽しんで頂けて大変嬉しく思います」と高視聴率に喜びのコメントを寄せている。

 

「有吉ゼミ」は13年10月にスタートした知的エンターテイメント番組。芸能人のリアルな実生活から現代社会を学ぶ。「坂上不動産」「ヒロミ、家をイジる。」などのコーナーが人気。同番組の歴代最高である17・1%を記録した10月30日の放送回も「有吉ゼミ ヒロミ・タッキーリフォーム&坂上忍が重大発表SP」と題されたスペシャルで、こちらも今回と同じくヒロミのリフォーム企画が人気を集めている。日本テレビによると今回の放送は特別編となり、視聴率は別集計となる。

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ