脳動脈瘤の手術受け療養 DJKOOが「復活しましたーー!!」そもそも脳動脈瘤ってなに??ww

スポンサーリンク

 

 

 

脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けて療養中だったTRFのDJ KOO(56)が、公式サイトで24日、発表され活動再開することがわかりました。

 

 

KOOは9月25日放送のテレビ東京系「主治医が見つかる診療所」の企画で受けたMRA検査で脳動脈瘤が見つかり、手術後は自宅で療養していましたが、今回、所属レーベルが「ご心配をお掛けしておりましたが、術後検査の結果、活動再開の許可がおりました」と報告。「無事に回復出来ました事は、札幌禎心会病院のスタッフ、番組スタッフ、応援くださる方々の温かいお気持ちのおかげでございます。ファンの皆さま、関係者の皆さまには心より感謝とお詫びを申し上げますとともに、今後ともご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます」と呼びかけました。

 

 

また、KOOも同日、ブログを更新し「復活しましたーー!!!」と活動再開を報告。動脈瘤が見つかった時点では「動脈瘤が9.8mmと腫れ上がり破裂寸前で、視神経をも圧迫し難しい状態でした。一週間遅ければ命の危険もあった程でした」という状態だったとし、「脳動脈瘤という大きな病気を目の前にして、この先の人生が見えなくなり、どうしていいかわからなくなって、、、自分の体は普段通りに戻れるのか、こんなに仕事を休んで忘れられてないのか、、、体と心がこれまで味わった事のない暗い自分にとじ込もってしまった瞬間もあった」と不安だったことを明かしました。

 

 

しかし先日、術後検査で「嬉しい結果が出ました!」というKOO。家族の支えに感謝しし「家族の愛情がどれだけ救いとなったか、、病気以上に大きい家族の愛情に自分は新しい命と人生をもらったと自負しています」。さらに、自身の体験を踏まえ「どうか自分の仕事、人生、そして家族が大切ならば忙しくても時間を作って人間ドックや健康診断を毎年受診してください!」とメッセージ。

スポンサーリンク

 

 

ところでそんなKOOさんがなった脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)とは

 

脳動脈瘤(頭蓋内動脈瘤とか脳内動脈瘤とも呼ばれます)は、脳内の血管壁の一部が風船のように膨隆し、その中に血液が満たされています。膨大した脳動脈瘤は、神経や周辺の脳組織を圧迫します。また血液が漏れたり破裂して、周辺組織の中に血液を噴出(出血と言います)します。脳動脈瘤のあるもの、特にサイズの小さなものは、出血したりその他の問題を起こしたりすることはありません。脳動脈瘤は脳内のどこにでも発生しますが、大抵は脳の下方、頭蓋の底部にある血管のループに沿って生じます。

 

殆どの脳動脈瘤は先天的なもので、動脈壁に存在する生まれつきの異常が原因となります。脳動脈瘤は、ある種の遺伝的な疾病を持つ人たちによく見られます。

その他の原因として、頭部の外傷、高血圧症、感染、腫瘍、血管系のその他の疾患、喫煙、薬物乱用などが挙げられます。経口避妊薬の使用が、動脈瘤発生の危険率を高めると言う研究者もいます。

動脈壁の感染によって発生する動脈瘤は、細菌性動脈瘤と呼ばれています。癌に関連した動脈瘤は、頭部や頚部の原発性、あるいは転移性の腫瘍によって発生することがあります。薬物乱用、特にコカインの習慣的使用は、血管に炎症を起こし、その結果として脳動脈瘤の原因となります。

 

 

脳動脈瘤の家族歴がある場合は発症の確率が高まるという研究結果もあるそうです。早期発見が大事ですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローする