樋口新葉「Omg」初のGPファイナル進出決定!!以前噂になった浅田真央に終わりっすね発言の真相が驚き!

スポンサーリンク

 

 

 

 

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・スケートアメリカは26日(日本時間27日)、女子フリーで宮原知子(関大)が合計214.03点で優勝。GPファイナル最後の出場枠を争っていたポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)は195.56点で4位、アシュリー・ワグナー(米国)は途中棄権したため、樋口新葉(日本橋女学館高)のシニアとして初となる出場が決まりました。

 

 

前日のSPで首位に立った宮原は、冒頭の3回転ジャンプに成功。後半のジャンプ4本も全て決めて、ステップなど技術面などでも高い評価を得て、フリー143.31点、合計214.03点で優勝を果たしました。GPシリーズでの優勝は15年のNHK杯以来、自身2勝目となりました。

 

 

今大会では、ツルスカヤとワグナーがGPファイナル出場を懸けて臨んでいました。しかし、16歳のツルスカヤはフリーでも得点が伸びず、最低条件の2位以上をクリアできずに4位。ワグナーも医療的な理由で演技途中に棄権し、GPシリーズ上位6人が出場できるファイナル最後の枠に樋口が滑り込みました。日本女子勢のファイナル出場は17年連続となりました。

 

 

樋口は27日午前に自身のツイッターを更新。一言「Omg」(Oh My God!! の略。)とつづり、驚きの想いを表現していました。シニア2年目で自身初のGPファイナル出場。大舞台での華麗な演技に期待が集まりますね。

スポンサーリンク

 

 

16歳と言う若さにもかかわらず世界大会で着々と成績を残している樋口新葉さんフィギュアスケートの「ポスト浅田真央」と注目されています。

そんな彼女にはあまりいい噂を聞かないことでも有名です。

過去には浅田真央さんに「終わりっすね」発言や衣装に生理の血ついていた性格が悪そうもっぱらの評判などメディアを騒がせてきました。今回、浅田真央さんに「終わりっすね」発言について真実はどうなのかしらべてみました。

 

結論から言うと、「終わりっすね」と言った事実はないようです。ただ、ネット上でうわさされているのは、「終わったな」とツイッターでつぶやたと言う事ですが、これも本当かどうかは定かではありません。

 

 

ツイッターで問題となった発言は、「浅田真央さんには魅力を感じない」、「安藤美姫さんとキムヨナさんが好き」とつぶやいたことで浅田真央選手のファンであったりアンチ樋口ファンから嫌がらせ的なことで拡散してしまったようです。

 

 

一昔前では考えられない出来事ですが、今はスマホなどの普及によりSNSなど、簡単にいろんなことが出来てしまうのでついつい軽率な行動をとってしまうんでしょうね。ツイッターで「浅田真央さんには魅力を感じない」と発言したしたことに対しては、あまり賛同できないですね。

 

一般人がつぶやくのと、有名になった人がつぶやくんのでは言葉の重みが違いますので、これからは気を付けてほしいです。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローする