浜辺美波、実写「賭ケグルイ」主演に!最近よくみるあの子は誰??wwww

スポンサーリンク

 

 

 

女優の浜辺美波さんが、「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で連載中のマンガが原作のドラマ「賭(か)ケグルイ」で、主人公・蛇喰(じゃばみ)夢子を演じることが27日、分かりました。浜辺さんが役衣装の赤いジャケットの制服に身を包んだビジュアルも公開されました。

 

 

夢子は、普段は上品でおしとやかな美少女だが、ギャンブルが始まると、極限のリスクを負いながら、勝負を仕掛け、狂気も見せる二面性のあるキャラクターで、原作のマンガやテレビアニメ版では“顔芸”とも呼ばれる独特の表情が話題になっています。

 

 

浜辺さんは「夢子ちゃんは、今まで演じたことがない個性的なキャラクターなので、不安もありましたが、演じることがとても楽しみでした。監督は役者さんのお芝居が面白いと、よく笑ってくださる方なので、私も、もっと弾けて、監督を笑わせたいと思います。撮影はまだ始まったばかりですが、全力で、1シーン1シーン、1カット1カット、精いっぱい演じていきたいと思います。皆さん、ぜひ一緒に賭ケグルイましょう」と意気込んでいます。

 

 

ドラマを手がける英監督は、浜辺さんについて「撮影初日から、出し惜しみせずにいろいろやってくれて、とてもよかったです。でも、まだまだ持っていますよ、奴は。早く貯金を出しなさい。持っているでしょ、まだ」と話しています。

スポンサーリンク

 

 

「賭ケグルイ」は、「月刊ガンガンJOKER」で2014年3月から連載中の河本ほむらさん原作、尚村透さん画のマンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子の登場によって、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。コミックスのシリーズ累計発行部数は370万部以上。テレビアニメが今年7~9月に放送されていました。

 

 

ドラマは、MBSで18年1月14日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで同16日から毎週火曜深夜1時28分に放送されます。

 

そんな主演に抜擢された浜辺美波とはどんな人物なのか、まだまだ売り出し中の彼女についてまとめてみました(^^♪

 

浜辺美波さんは2000年8月29日生まれで石川県出身、端整な顔立ちをしている彼女は、10歳の頃から芸能デビューをしていましたが、役どころでは年齢の問題で子役ばかりしかなくなかなか注目をされずにいました。

 

しかし、今では17歳になり、子役を卒業。NHKで放送中の連続テレビ小説『まれ』で桶作家の姉妹の妹、麻美役でかなり重要な役どころを演じると、ネットですぐに「かわいすぎる」と話題に上り注目を浴びてきています。

 

ほんわかと純粋で女の子らしいイメージがありますが、実は虫が大好きでカブトムシをとって遊んだりするようです。芸能デビューも早くからしているので、インタビューなどでも礼儀正しくしっかり者の雰囲気。お仕事の時と、そうではないときのギャップに惹かれます。

 

他にも「咲-Saki-」や「君の膵臓をたべたい」などちょこちょこ主演しています。

 

今後の活躍が期待されますね。

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ