メルカリが撮影するだけで現金化できる即時買取サービス「メルカリNOW」開始【詳細あり】

スポンサーリンク

 

 

 

 

メルカリは11月27日、スマートフォンで撮影するだけですぐに不要品の査定・買い取りができるサービス「メルカリNOW」をフリマアプリ「メルカリ」内でスタートしました。査定金額に了承すれば即時現金化でき、売上金はメルカリでの買い物に利用できるそうです。DMM.comがこの間買収した「CASH」が先行する即時買い取りサービスの分野に、メルカリが参入。メルカリの通常出品に時間をさけない社会人、すぐに現金がほしいといったニーズに対応。多様な選択肢を用意し、「メルカリ」の利便性を向上する狙いです。

 

「メルカリNOW」はグループ会社のソウゾウが行います。商品はソウゾウが消費者から買い取って、「メルカリ」の取引データを利用して査定。買い取った商品は「メルカリ」にソウゾウが出品するフローで、買取商品を販売します。なお、倉庫などに関する情報は非公開です。

 

買取対象の商品カテゴリはレディース・メンズの服飾品に限定。利用状況をみながら拡大を目指します。

 

11月27日正午の発表と同時にサービス開始。手元にある商品ブランドと状態を選択し、スマートフォンのカメラで撮影するだけですぐに査定金額が提示される仕組み。提示された金額で問題なければ、その場でお金が手に入ります。なお、査定金額の上限は2万円まで。お金に換えた商品は、メルカリが2週間以内に無料で回収してくれます。初めて利用する際には、古物営業法に基づく本人確認として、本人確認書類(免許証、健康保険、住民票、パスポート等)のアップロードが必要になります。

スポンサーリンク

 

1日の買取金額の上限は1000万円までで、上限に達すると先着順で受け付けを終了します。利用枠は毎日10時にリセット。サービスの運営はメルカリのグループ会社であるソウゾウが担当します。1日100万品以上の出品があるというメルカリの取引データを利用して査定するため、既存の類似サービスに比べてより納得感の高い金額が提示できるとしています。

 

 

発表会に登壇したメルカリNOWの開発責任者の石川佑樹氏は、「仕事で忙しくて、メルカリの取引に時間をとれない人」などをターゲットに挙げ、「簡単にすぐに確実に売れる」という点数を強化し、「より高く売れる通常のメルカリの出品と使い分けてもらえたら」とコメント。

 

 

今後の展望に、対応するカテゴリーと査定金額の上限の拡大、出品時の情報入力のAI化の3点を紹介した。

 

 

「メルカリ」は全世界で9000万ダウンロードを記録。日本国内だけで6000万ダウンロードに達しているといいます。

 

「メルカリ」未利用ユーザーからは「忙しいので時間がない」「やり取りするのが面倒」「売れるまで待ちたくない」といった意見もあった中「メルカリNOW」はこうした課題を解決するサービスとして展開。「メルカリ」を利用していなかったユーザーへの利用促進・認知拡大も図っていくようです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ