現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最近かわいいと話題の小芝風花【wikiまとめ】新・ミナミの帝王でド迫力演技!撮影秘話も

スポンサーリンク

 

 

 

最近かわいいと話題の小芝風花さん。まずは簡単にWikipediaをまとめてみました。1997年4月16日生まれの20歳で大阪府堺市出身なんですね、身長 156 cm 血液型 A型です。主な作品は映画だと 『魔女の宅急便』 『天使のいる図書館』、テレビドラマ では『スケート靴の約束』『あさが来た』 『マッサージ探偵ジョー』 『ふたりのキャンバス』などなど、舞台でも活躍しているようで『夕陽伝』 『オーランドー』などに出演しています。

 

 

そんな女優、小芝風花(20)さんがカンテレ「新・ミナミの帝王」シリーズの15作目「ニンベンの女」(来年1月13日放送、後3・0)からレギュラー出演することが27日、分かりました。裏の世界で偽の書類などを作る“偽装屋”を演じます。この日、大阪市内で取材に応じた風花は、過去に演じてきた明るい役柄と違い、今回は人をにらむシーンが多く「カットがかかるごとに眉間のマッサージをしていました」と撮影秘話を明かしました。かわいいですよね。

 

実写映画「魔女の宅急便」などでキュートな笑顔を振りまいてきた清純派女優が、眉間にしわを寄せ、ミナミの帝王をにらみつけるのは想像つきません。「今まで明るい役が多かったのであんまり慣れていなくて、カットがかかるごとに眉間のマッサージをしていました。人をにらむって結構体力いるんだなと思いました」とコメント。

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます! 画像をクリックして詳細を確認

 

レギュラー出演は、人気漫画「ミナミの帝王」を実写化したドラマシリーズの15作目「ニンベンの女」からで、お笑い芸人、千原ジュニア(43)演じる大阪・ミナミの借金取り・萬田銀次郎が主人公で、風花は偽の書類を作る“偽装屋”の矢倉紅を演じます。偽造文書で架空の土地売買をでっち上げる“地面師”に仕返ししようとする銀次郎らに協力する役どころですね。劇中では喫茶店でバイトするためウエートレス姿も披露しています。

 

銀次郎役といえば、俳優、竹内力(53)が映画などで熱演。迫力満点の形相で借金を取り立てるシーンが代名詞ともなりました。現在のシリーズでは、若手時代に「難波のジャックナイフ」と恐れられたジュニアが務めます。

 

風花は「とにかく千原さんのお芝居が怖いというのは聞いていたんですけど、やっぱり迫力がすごい。でも、絶対引いてはいけないので、絶対目をそらさないと思っていました」とアピール。このドラマでしか見られない力強い風花も見どころのひとつです。

 

「普通の生活では、関わることはなさそうな世界。今回は地面師という土地でお金をだまし取る話。東京オリンピックが近づいてきて現実でも増えてくる。そのとき多くなる詐欺をテーマにしているので、これを見て対策もしていただきたい」と真摯に訴えました。風花の新たな挑戦に注目ですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ