漫画家の佐藤秀峰がフジTVに激怒!?実写版「海猿」“今後テレビで放送されることは永久にない”驚きの理由が...!!【詳細あり】

スポンサーリンク

 

 

 

漫画家の佐藤秀峰氏が11月28日、自身のTwitterで、代表作のひとつ「海猿」の実写化作品について「すべての契約が終了した」とつぶやきました。同日に更新したツイッターで、「遅ればせながらご報告です。実写版「海猿」は2017年10月で全ての契約が終了しました。今後、テレビやネットで放送、配信されることは永久にありません。今までありがとうございました」とつぶやき、ファンは「海猿はどれもよいものだったので残念」「映画は全てみていました」「残念です」などと悲しみの声をあげています。

 

佐藤氏はこの日、「遅ればせながらご報告です。実写版『海猿』は2017年10月で全ての契約が終了しました。今後、テレビやネットで放送、配信されることは永久にありません。今までありがとうございました」とファンに報告。

 

「海猿」の実写版は2002年、2003年にNHK版のドラマが制作された後、2004年にフジテレビが伊藤英明主演で「海猿 ウミザル」として映画化(興行収入17億4000万円)。以降、2005年7月に連続ドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」(平均視聴率13.2%)、2006年5月に映画「LIMIT OF LOVE 海猿」(興行収入71億円)、2010年9月に映画「THE LAST MESSAGE-海猿」(興行収入80億4000万円)、2012年7月に映画「BRAVE HEARTS 海猿」(興行収入73億3000万円)が公開されました。

スポンサーリンク

 

ただ、2012年10月に、佐藤氏はフジテレビとのトラブルを公表し、その後、紆余曲折を経て、2015年5月にフジテレビの謝罪を受けて和解に至ったと報告していた。

 

トラブルの詳細は、アポ無しで同局が事務所を突撃取材したことや、関連書籍が契約書無しに販売されたことを理由に、新規取引停止と続編を許可しないことを公表。

 

佐藤氏はもともとアポなしが大嫌いなようで当初はフジテレビも強気な態度だったようですが視聴率低下などの問題があり人気コンテンツを取り戻していとし和解案を探っていたようですね。

 

その間も佐藤氏の作品を無断使用しそのことについても謝罪は一切なく佐藤氏の怒りは募りに積もり今回の結果に至ったのかもしれません。

 

 

何はともあれあれだけヒットした作品がもう見れないとなるといちファンとしてとてもショックです。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ