いくつ歌える?2017年イマドキの 10代が選ぶ「クリスマスソングTOP10」が発表!!

スポンサーリンク

 

 

毎年必ずやってくるクリスマス。冬が近づくと街中でふと耳にするのはクリスマスソングですよね。ずっと前から定番で歌われている曲もあれば、最新のヒット曲が出てきたり、カラオケでも定番ジャンルとなっています。この季節だからこそ絶対に歌いたい、イマドキ人気のクリスマスソングをご紹介します。クリスマスはカラオケパーティで盛り上がり間違いなしです!

 

 

 

10代が選ぶ「2017年イチオシのクリスマスソング TOP10」

 

1位:クリスマスソング / back number (38.8%)

2位:ジングルベル / ジェームズ・ピアポント(4.6%)

3位:ベリーメリークリスマス / 天月 (3.5%)

4位:好き!雪!本気マジック / Mitchie M feat.初音ミク (1.8%)

4位:クリスマス?なにそれ美味しいの? / ヒャダイン(1.8%)

5位:All I Want for Christmas Is You / マライア・キャリー(1.7%)

6位:ジングルベルがとまらない / Aqours(1.6%)

7位:メリークリスマス / 二宮和也(1.5%)

8位:Last Christmas / Wham! (1.4%)

スポンサーリンク

8位:Snow halation / μ’s (1.4%)

9位:snow song show / DECO*27 feat.初音ミク(1.3%)

10位:ヒロイン/ back number(1.2%)

 

 

堂々1位に輝いたback numberの『クリスマスソング』。 2015年にドラマの主題歌として発表されましたが未だに人気が落ちませんね。「え、どんな曲?」と思った方は、所属事務所であるユニバーサルミュージックのYouTubeチャンネルでさわりを聞くことができるのでぜひ聴いてみてください。

 

 

5位にはマライア・キャリーの『All I Want for Christmas Is You』が、8位にはWham!の『Last Christmas』がランクイン。世界中の超定番曲が強さを見せますね。

 

 

他方、元々ニコニコ動画の歌い手として人気に火がついた歌手・天月(あまつき)や、コンピュータで合成された音声で歌う初音ミク、アニメ「ラブライブ!」に登場する架空アイドルグループ「Aqour」や「μ’s」など、特に若い世代に人気の歌手の曲が多数選ばれています。「デジタルネイティブ世代ならではといった楽曲が多数ランクインした」と思われる結果ですね。

 

今年もクリスマスソングを聴いて盛り上がりましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローする