クリスマスデート何を着る??要注意!!男性が「イヤだな」と思うNGファッションピックアップ!!

スポンサーリンク

 

 

 

なんだかんだ言っても、やっぱりワクワクするクリスマス。今年は、大切な人とどんな風に過ごしますか?プレゼントの用意やデートコースを考える方が多くなるこの時期、洋服などは決まりましたか?年に一度のイベントなので、ロマンチックなデートにしたいですよね。しかしクリスマスデートが思うようにいかなくて、喧嘩別れになってしまう悲惨なカップルも少なくありません。それだけは避けたいですよね。

 

バッチリキメて行った!と思っていたら実は彼は幻滅していた・・・なんてことも。自分的にはOKでも、男性が嫌がる女性のファッションがあるようなのでまとめてみました。

 

 

 

普段着

せっかくのクリスマスデートなのに・・・彼女がいつもと変わらない格好で登場すると、がっかりしてしまうことも。男性を最もガッカリさせる服装は、地味なパンツスタイル。最近では、保温性のあるインナーが多いですが、見えないような配慮をしましょう。色気のないインナーは見えてしまうとガッカリしてしまいます。あとは普段使いのカジュアルなダウンやミリタリーコートはNGです。

 

 

ムートンブーツ

温かいムートンブーツ。でも、男性からは意外と不評なようです。オシャレする気ないな、という印象を与えてしまいがちなようで「お風呂掃除に使うスリッパみたい」と、男性は批判的な声があります。

 

 

 

 

タトゥー・柄もの・原色タイツ

「足が痣だらけのように見える」「よほどの美脚でないと格好悪い」など、評価は微妙。おかしなインパクトを感じてしまう「何がいいのか分からない」「どうしてあんなのを履くのか理解できない」という男性からは不評ですね。タトゥータイツ、カラータイツや柄タイツは防寒も兼ねた冬場のオシャレとして、女性たちの間では定番アイテム。でも、男性からは「奇抜」の声が・・・。ライン入りやワンポイントだけ柄が入っているタイツが好まれるようです。

スポンサーリンク

 

 

極端に丈の短いスカートや派手なドレス

男性が好きなワンピースやスカートですが、柄や丈には注意しましょう。あまりにも短いスカート丈は逆効果です。ただでさえ緊張するのに目のやり場に困ったり、他の男性の視線が気になって落ち着かないなど、ちょうどいいのは膝上くらいですね。それ以上短いと、真冬だと寒いですし、ミニ丈があまり好きではないという男性も多いようです。「柄」や「形」には注意が必要。あまりにも柄が目立つタイプなどのワンピはNG。あとは過度な露出は控えましょう。

 

 

 

 

ファッションだけじゃなく、お手入れにも気をつかいましょう!

ブーツやヒールのすり減り。靴の修理もしない女=だらしない女、というレッテルを張ってしまいがち。足元がくすんでいては、全体の印象もイマイチ。靴のお手入れがきちんとされているかどうかで、印象がガラっと変わります。

 

ストッキングの伝線・穴あき・横の線。「ストッキングの伝線や穴あきは印象ダウン」です。貧乏くさい女、と思われないためにもストッキングやデニールが小さめのタイツを履く時は横線が入ってないかチェックしましょう。あとは替えを持ち歩くなど対策が必要です。

 

 

 

 

最後に行く場所や予定を聞き、自分に似合ったファションをしましょう。ガッカリされないために「男ウケが良い・悪い」ファッションポイントを掴んでおきましょう。男性目線ばかりで選んでいてもファッションは楽しめませんが、せっかくのクリスマスデートなので、少しだけ頭に入れて洋服を選びたいですよね。でも清潔であることやTPOに合った服装は相手への気遣いを忘れずにクリスマスを楽しんでください(^^)/

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ