土屋太鳳、自身でプロデュースしたセカンド写真集「初戀。」発売!!人気の訳は??

スポンサーリンク

 

 

 

女優の土屋太鳳(22)の2nd写真集『初戀。(はつこい)』の誌面カットが11日、公開されました。衣装の着物をはだけさせ肩を露わにしながらカメラを力強く見つめているカットや、美しい背中を大胆に披露したカットで、大人の色気を感じさせています。

 

本作は土屋の女優デビュー10周年を記念したメモリアル写真集。彼女自身のプロデュースにより自身の感情のままに、激しく、そして美しい瞬間を切り取った、世間のイメージを意味で裏切った斬新な内容となっているそうです。

 

今回は土屋のダンスの魅力を幅広く伝えたSiaの「アライブ」のミュージックビデオの振り付けを担当した、辻本知彦氏が演出を担当。絢爛豪華な美術・工芸品に囲まれた空間での着物を衣装にしたカットや、火山特有の岩肌がむき出しになった富士山裾野での幻想的なカットなど、芸術性の高い写真の撮影に挑戦しました。

 

また、オフタイムを遊園地や街歩きなどで楽しむ等身大の笑顔や、都内や近郊の著名な建物で魅せる物憂げな大人の女性の表情など、素の土屋太鳳も収録されています。

本作は15日に発売開始です。楽しみですね。

 

 

ところで土屋太鳳と検索すれば2番目に「嫌い」とワードが出てきます。そこでなぜ嫌われているのにこれほど人気なのか知らべてみました。

 

 

嫌われている理由ですが、その純粋さやひたむきさが魅力と言われていた土屋太鳳さんですが、最近ではそれが逆に仇となりアンチが急増していると言われています。

スポンサーリンク

 

 

特技は3歳から習い続けているという日本舞踊や、クラシックバレエ、ヒップホップダンスなど体育会系で知られている土屋さんですが、それとピュアさのイメージが違い過ぎるなどの声も。現在も日本女子体育大学に在籍し、舞踊学を専攻しています。

 

土屋さんの場合、落ち度がなくあまりにもいい子であったことが、皮肉にも仇となってしまったようです。つくられているのでは?とも言われている土屋さんのピュアな性格ですが、土屋さんの共演者からは一様にそのピュアさを賞賛する声が寄せられています。

 

 

しかし一方で、つくられているのでは?とも言われている土屋さんのピュアな性格ですが、土屋さんの共演者からは一様にそのピュアさを賞賛する声が寄せられています。

 

 

アンチの声が急増したと騒がれていますが、土屋さんを以前から知るファンからはこのような声があるように、それだけ土屋さんの人気が出て多くの人に認知されたため、土屋さんのキャラについて揶揄する人も増えただけとも言えそうです。

 

現在22歳の土屋さんですが、これから先も同じような感じだと厳しいのかもしれません。まだまだこれからの女優さんですから、成長していく過程での変化にも注目ですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ