「平成お酒事情」激変!!とりあえずビールが減った理由、イマ話題の『カシス男子』女子から見てぶっちゃけどう思う??

スポンサーリンク

 

 

 

忘年会シーズン真っ盛り。来年で30年になる平成の経済の浮き沈みの中で、お酒の飲まれ方も大きく変わりました。「1杯目市場」の覇者だったビールの没落。甘いお酒大好きなカシス男子を生んだ「おこちゃま舌」。

 

 

今やカシスオレンジは女性だけが頼むものではないみたいです。どうして平成お酒事情は変わってしまったのでしょうか。ぶっちゃけカシスオレンジを好んで飲む男性に対して女性はどう思っているのでしょうか。調べてみました!!

 

 

ビールの消費量は1994年度がピークでした。アサヒ「スーパードライ」は87年、キリン「一番絞り」は90年にそれぞれ登場し、人気を伸ばしました。ただ、90年代後半から右肩下がりで2015年度はピークから6割減。居酒屋に行っても「とりあえず生」という人が減ってきますよね。

 

「『1杯目市場』は、ビールとハイボールがパイを奪い合っています。ビールの苦みが苦手な人に、スッキリしていて飲みやすいハイボールが受けているんです。背景にあるのは健康ブーム。ビールに含まれるプリン体や糖質を避けたいと、女性だけでなく、かつてビール党だった中年男性にもハイボールが広がっています」

 

「ビールの苦さを嫌い、甘いお酒を好む男性も増えています。『スイーツ男子』という言葉もはやりましたよね。そういった男性は例えば、カシスオレンジとかカルピスハイ、生絞りグレープフルーツなどを飲んでいます。濃いめの味付けの外食に慣れ親しんだ世代で、そういう食べ物を食べ続けた結果、大人になっても、舌がおこちゃまのままなんです」

ビールの消費量が減る一方で、90年後半は発泡酒のブームがあり、最近は「第3のビール」の消費量が増えています。

「景気悪化の影響ですね。バブル崩壊やリーマン・ショックで、外でお金を使わなくなり、飲食店が減っていきました。本当は外で楽しく飲みたい、でもお金がないからと自宅でお酒を飲む、いわゆる「宅飲み」が増えていきました。ワンコインで買える『500円ワイン』も一時期はやりましたよね」

スポンサーリンク

 

この30年でお酒への付き合い方はどう変わったのでしょうか。

 

お酒を飲む目的が変わってきているように感じています。バブルが崩壊するまでは、終電近くになると、駅の周りには酔いつぶれて寝ている人がゴロゴロいましたよね。でもいまは見なくなりました。『朝までいこー!』という人も減り『酔うために飲む』ではなく『楽しむために飲む』に変わってきていると感じます。いろいろな種類のお酒を飲みたいとか、高いお酒をちょっとだけとか。お酒の個性や中身が重視されてきています。もはや一種のレクリエーションです。だから1杯目でビール以外のものを頼むのでしょうね。

 

一方で実際、カシオレ男子はどう思うについて調べたところ個々による結果でした。

 

「飲み会で集まったからには、“とりあえずビール”したい。皆ビールなのに一人だけ『俺カシオレで』、とかされると気を遣う」「頼むのはいいけどこっちがビール頼みづらくなる」などなど、逆に「気にしない」「かわいいと思う」等の声もあり人それぞれでした。

 

 

結論は、男がカシスオレンジを飲むのは何の問題もありません。まして、居酒屋やカラオケなどではもはや男も女もない定番です。女性と飲む時は何を飲むかを気にするより、お酒の場を如何に楽しませるかの方が貴方の価値を左右します。会社の宴会などの1杯目は周りの人に迷惑をかける可能性があるので、ちょっと空気を読んでみましょう。皆が早く飲みたそうだったら、取り敢えずビールかウーロン茶などすぐ出てくるものを頼んで、2杯目からカシスオレンジを頼みましょう。

 

 

忘年会シーズン楽しんでくださいね( ^ω^ )

スポンサーリンク

Twitterでフォローする