【今さら聞けない】最近話題のビットコイン、そもそもビットコイン・仮想通貨って何?どんな仕組み??

スポンサーリンク

 

 

 

最近「1ビットコインの価値が100万円を超えた」「ビットコインの時価総額が30兆円を超えた」などなどたくさんの報道が相次いでいますよね。とはいえ、「ビットコインって話には聞くけど……何?」という方も多いのでは。そこで、「ビットコインとは何」という今更聞くに聞けないことを簡単にご説明します。

 

 

 

ビットコインはオンライン上で利用できる仮想通貨の一種です。「仮想通貨」という言葉に拒否感を感じてしまう人もいるかもしれませんが、仮想通貨とは、ざっくり言ってしまえば、オンライン上にある”ポイント”や”電子マネー”を通貨として流通させる仕組みにしたものです。

 

 

電子マネーは、その企業主体などで利用できる場所が決まっており、現金をチャージして利用するもの。利用金額に応じてポイントがつき、それを決済に載せて半お金的に利用することができます。そもそもポイントや電子マネーも「日本円」ないし「米ドル」などの発行された通貨の枠組みの範疇にあります。そして、通貨の発行は各国の中央銀行に委ねられており、その国の中で利用できるものです。

 

 

一方でビットコインの発行元は中央銀行ではありません。というよりも、むしろ発行者はいなません。P2Pという複数端末が同時に通信する技術を用いているのです。なぜP2Pを使っているかというと、偽造ができないようにするため。

 

 

 

従来の紙幣ならば、偽札を作り相手を欺けば偽造は可能です。ポイントや電子マネーの場合でも、管理しているサーバをハッキングして、データを書き換えることによって原理的には偽造が可能。しかし、P2Pではすべてのネットワークがつながっているのでビットコイン内で「誰が」「どれぐらい所有しているか」を共有されてしまいます。なのでどれか一つのデータを書き換えただけでは偽造が完了しないのです。

スポンサーリンク

 

 

この堅固な仕組みにより、ビットコインの信頼は担保されている。さらに最近は他の金融サービスとの連携も進んでいるのです。決済システムにビットコインを用いて、ビットコインで支払いができるような仕組みも出てきましたね。もちろん、ビットコインと日本円、米ドルとの交換も可能です。便利ですよね!

 

 

そして、次に浮かんでくる疑問は「どうしてビットコインは値上がっているの?」というものです。明確な回答にはならないのですが。「みんなが欲しい」と思うものは「値上がる」とゆうことです。

 

 

2009年、世界がリーマンショックの恐慌に揺れているころ、ビットコインのシステムは誕生しました。その後ビットコインの利便性が理解されるとともに急速に利用者がふえ、ビットコインの値段は誕生(0円)から、1BTC(BTCはビットコインの単位)あたり45万円前後まで値上がりしています。

 

 

なぜここまでビットコインが普及したのでしょうか。

 

 

その理由のひとつは「ビットコインの仕組みが信頼できる」と多くの人が認めたこと。システム自体が信頼されなかったら、大切な資産を投資しようとする人はここまで増えなかったでしょう。

 

 

ビットコインは非常に優れたテクノロジーの産物であると同時にまだまだ多くの不確定さを抱えています。それでも現状これだけの支持を得られているのは投資手段として魅力的だという理由だけでなく、「非中央集権の仕組みを実現してほしい」という想いがあるからではないでしょうか。

 

 

皆さんも魅力的だと思ったら是非試してみてください。

スポンサーリンク
関連コンテンツ