【入園・入学祝の相場】お正月くらいしか会えない親戚ならお年玉と一緒に渡したい、金額はいくらが妥当?

スポンサーリンク

 


お正月くらいしか会えない親戚ならではで忘れやすく財布も厳しくなりますがお年玉と一緒に渡したいですよね。幼稚園、小学校から中・高校、そして大学・専門学校へ。新たな学び舎へのご進学を祝って贈るのが入園・入学祝いですが、それぞれの学校に入る年齢は大きく違いますし、自分と贈り先様との関係によって、贈って喜ばれる金額や品物が変わってくるのでは…と、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

そこで今回は入学祝いの金額の目安をご説明いたします。

 

 

 

小学生なら祖父母は10,000円~30,000円、ほかの親戚は3,000円~5,000円が金額の目安。本人が喜ぶプレゼントなども一緒に渡せるので、金額はそんなに多くなくても平気ですね。自由に使える現金ではなく、図書カードやギフト券など、その子の学習や生活に役立てられる贈りものも人気です。

 

 

 

中学校に進学しても、お祝い金の相場は変わりません。中学生も、学校で使える小物などを一緒に渡しても良いですね。

 

 

 

高校にあがるころには、おじさん・おばさんも年齢が30オーバーになってきますよね。やはり30代を迎えると、お祝い金10,000円~が相場になります。祖父母はこれまでと変わらないですが、孫にねだられたら大きなプレゼント(ブランド品とかノートパソコン、今だとタブレットでしょうか)も一緒にあげると思います。そちらとのバランスを考えて金額を決めてください。

スポンサーリンク

 

 

 

 

大学に進むと、さまざまな準備にお金が必要です。基本相場はこれまでと変わらなくても、実際はちょっと多めの金額を渡す場合が多いかもしれません。春からひとり暮らしをはじめる子には、家電を購入してプレゼントすることもあるので、その場合のお祝い金は添える程度で大丈夫です。新生活に必要なものを渡せるように、本人からのリクエストをきいてみましょう。

 

 

甥や姪へ贈る入学祝いの金額は、概ね5,000円~10,000円程度であることが多いようです。贈り手の年齢が比較的若い場合は5,000円程度、ある程度の年齢になったら10,000円程度……が目安になるでしょう。親しい付き合いであれば、お金だけでなく欲しがっている学用品などをプレゼントするのもおすすめです。ただし、他の方のお祝い品と重なることがないよう、事前に甥や姪の両親と相談しておきましょう。

 

 

 

また祖父母があげる金額は本当に「目安」ですね。正直なところ自分で決めるのが一番です!進学したらお祝いの金額を増やしていく方もいれば、小学校~大学まで一律10,000円にするという方もいます。お祝い金は人それぞれですね。

 

 

いかがでしょうか。参考になれば幸いです(^^♪

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ