新婚さんいらっしゃいは降板か??桂文枝8年交際の「愛人」にはめられ不倫発覚!?実は紫艶との二股不倫だったことが明らかに【電話音声】

スポンサーリンク

 

 

「56歳日舞の先生」と新たな不倫疑惑が、27日発売の週刊新潮に報じられた落語家、桂文枝(74)の所属事務所は同日、「一般私人のことであり、プライベートなことでもありますので、本件に関するコメントは差し控えさせていただきます」との見解を発表しました。

 

 

2016年にも歌手との不倫関係が報じられた文枝師匠ですが、こちらの夏目恵美子さん(仮名)との出会いは2008年。大阪の演芸場「天満天神繁昌亭」を、恵美子さんが訪れたことがきっかけだったそうです。

 

 

「繁昌亭の横にある喫茶コーナーにいると、文枝さんが現れて一緒に写真を撮ってくれたんです。それをメールで送ってもらったので、お礼を言うために再び繁昌亭を訪れると、今度は文枝さんの部屋(会長室)に通されました。彼は私の手を取ってエスコートしてくれて、私はもう緊張しっぱなしでした」

 

 

やがて、文枝師匠が恵美子さんの家を訪れる仲になったといいます。

 

 

スポンサーリンク

 

写真を見ると、色白で可愛らしい感じですよね。年齢は恐らく30代かな?演芸場に足を運ぶなんてシブい趣味の持ち主だけに、10代・20代ってのは考え難いかな~と思います。

 

座り位置の問題かもしれませんが、画像の印象ではだいぶ身長差があるようにも。桂文枝の身長は173cmなので、座り方の違いを加味しても、だいぶ小柄であることがわかります。

 

 

もう1人の浮気相手だった紫艶の身長が166cmでしたので、身長には全くこだわりがないのでしょう。どちらかというと、色白で健康的という共通点が垣間見える・・・といった感じでしょうか。

 

所属事務所は、文枝本人からの聞き取りも含め、事実関係の調査、関係各所との協議は継続し、仕事相手への説明も続けているとのことです。

 

 

 

 

 

ここまで流出してしまうとなればもう相手側の女性が流したとしか思えませんよね、でもそれに乗っかってしまった文枝師匠も救済する余地もありませんよね。

 

 

まだ桂文枝側が今回の浮気相手疑惑について何もアクションを起こしていないので実際のところは不明ですが桂文枝は2016年2月21日にフライデーされた浮気相手、紫艶との関係について謝罪をしています。

 

 

特に嫁に対しては44年間尽くしてくれたのに裏切るような形になって…と涙ながらに謝罪。あれは何だったのでしょうか?

 

 

奥様も今回ばかりはもう…今後の展開はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローする