【カヌー】鈴木康大選手が禁止薬物をライバルに混入!?連盟は除名処分へ!薬物だけでなく道具や現金の盗みも??経歴や嫁の顔は?出身高校や大学についても調査

スポンサーリンク

 

 

 

 

昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32)が、小松正浩選手(25)の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤を混入していたことが9日、分かりました。小松選手はドーピング検査で陽性となり、暫定的な資格停止処分を受けていたとのことです。ともに昨夏の世界選手権代表で2020年東京五輪を目指すトップ選手で、前代未聞の異例の事態。

 

 

 

 

鈴木選手は日本カヌー連盟などの調べに対し、東京五輪を目指すライバルを陥れようとしたと説明。小松選手が検査で陽性反応を示した後、同連盟による調査の中で禁止物質の混入を認めました。さらに、鈴木選手は他の選手に対しても、練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を行っていたことも判明。

 

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手を8年間の資格停止とする処分を決定。小松選手に対しては資格停止処分を取り消し、該当の日本選手権以外の成績は失効・剥奪しないことを公表しました。

 

朝から衝撃的なニュースが報道されましたね。

 

 

 

 

そんな鈴木選手は2020年東京オリンピックのカヤックフォア(4人制)日本代表候補となっていましたが、このままでは自らの出場が危ういと判断。2017年9月11日に石川県小松市で行われた日本カヌースプリント選手権大会にて、代表入りを競う相手である小松正治の飲料用ボトル内に禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを混入し、ドーピングによる失格を図った模様です。

 

 

小松は同日のカヤックシングル200メートルで1位になったが、ドーピング検査で陽性反応を示し、日本アンチ・ドーピング機構より暫定的に資格停止処分を受けていました。なお、鈴木は同種目で5位だった。

 

 

このことは2018年になって発覚。鈴木が小松に科された処分を知り、良心の呵責から自らこのことを関係者に伝えたそうです。

 

 

 

鈴木選手は、小学校3年生のときにカヌーを始めたそう。やればやるほど上達し、始めて数ヶ月で、普及艇の部において優勝してしまうほどの実力の持ち主だったそうです。高校時代には、国体選手として優勝をするなど、輝かしい功績の持ち主なんです。

スポンサーリンク

 

 

調べてみたところ、出身高校は千葉県立銚子商業高校。出身大学は、立命館大学だそうですね。高校3年時には国体で優勝。大学4年時には日本代表に選出され、日本ランキング1位にも輝いています。

 

 

そんな選手が今回のような事件を起こしてしまったと考えると、非常に残念ですね。ちなみに、鈴木康大さんの嫁さんは、カヌー選手の久野綾香さん。

 

 

 

 

 

北京オリンピックに出場するなど、嫁さんも輝かしい功績の持ち主なんです。今回被害者となったライバル選手だけでなく、嫁さんの久野綾香さんも本当に可哀想ですね。

 

 

鈴木康大さんは、東京オリンピックに出場できるか危ういから、今回の事件を起こしてしまったそうです。確かに、ライバル選手がいなければ、自分が出れるかもしれませんが、人としてやってはいけないことをしてしまいました。しっかりと反省し、謝罪をしてほしいですね。

 

 

 

 

関連記事

 

全国高校サッカー流通経済大柏の“ジョーカー”が上手すぎる!!!加藤蓮のプロフィールを調査

 

 

 

元日本代表FW大津祐樹、テレ朝・久冨慶子アナが結婚!!出会いのきっかけは?結婚式は??

 

 

 

『衝撃』亀田興毅がプロ復帰!対戦相手は?ボクシング界が盛り上がりますね!

 

 

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ