【悲報】コロプラが勝てる未来が見えない!最強と謳われる任天堂法務部の逸話に白猫終了か?

2018年1月11日

スポンサーリンク

 

 

コロプラは1月10日、任天堂が同社に対し、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の配信差し止めと損害賠償44億円の支払いを求めて東京地裁に提訴したと発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提訴は2017年12月22日付。任天堂広報室によると、任天堂は5件の特許について侵害されたと主張。「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」などが含まれているといい、現時点ではそれ以上の回答は控えるとのこと。

 

 

コロプラによると、16年9月に任天堂から特許侵害の指摘を受けたといいます。「1年以上にわたり時間をかけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明したが、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至った」とコメント。

 

 

コロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針」と争う構えだ。同社の広報担当者は、「具体的な内容に関しては、係争中のため回答を控える」としています。

 

 

あくまでも憶測であって、それがアウトだったのかは現時点不明です。しかし下手すれば白猫プロジェクト潰れる可能性もありえます。

 

 

 

今回問題とされている特許侵害内容とは、具体的な特許侵害内容について公式リリースは現在無いが、広報への問い合わせをしたウォール・ストリート・ジャーナルの記者によると下記の通りです。

 

 

 

 

白猫で有名な「ぷにコン」自体はコロプラが特許を取っていたはずなので別の指摘だと思われます。

 

 

また、「マリオカート」に酷似したゲームも「レースゲーム」自体は特許では無いので異なる。 軽く調べた限り怪しいのは「公開番号2006-122240」の「タッチ操作に生じる入力ブレの影響を低減」させる特許でしょうか。

 

 

タッチ操作でのベクトル計算後にブレを考慮した平均値でのベクトル表示を行っていた可能性がありえます。

 

 

 

 

人気ソーシャルゲームメーカーと任天堂の争いにTwitter上でも注目が集まっていますね。

 

 

今回の件は長期に渡って警告を続けたにも関わらず対応を行わなかったコロプラに対して任天堂がキレた形。44億円の支払い程度ではコロプラは潰れないが『白猫プロジェクト』の差止請求は非常に痛いはずです。該当機能改修の為に1日止まっただけで大きな損害となってしまいます。コロプラとしてはそれだけは避けたいところでしょうが。。。

 

 

任天堂は『どうぶつの森 ポケットキャンプ』『ファイアーエムブレム ヒーローズ』などのスマホ向けゲームを推し進めており、コロプラの「ぷにコン」のような特許が邪魔となっている可能性もありえます。

 

 

 

関連記事

 

リアルなドロップボックスと話題! サマリーポケットって何??使い方は??

 

【今さら聞けない】最近話題のビットコイン、そもそもビットコイン・仮想通貨って何?どんな仕組み??

 

 

実写ポケモン映画2019年5月公開!ピカチュウ役がとんでもないことに…ネットでは賛否両論の声が殺到!!どうなるの?

スポンサーリンク

Twitterでフォローする