【衝撃】ももクロ有安杏果、卒業の本当の理由・・・なぜ今?電撃引退の背景には何が?

スポンサーリンク

 

 

 

1月15日に突如、グループ卒業と芸能界引退を発表したももいろクローバーZの有安杏果に注目が集まっています。21日、千葉・幕張メッセで開催されたラストライブ『ももいろクローバーZ 2018OPENING~新しい青空へ』をもって同グループを卒業、22年間の芸能活動に区切りをつけるとのこと。

 

 

ライブの最後には涙で瞳をうるませながらもメンバーから渡された抱えきれないほどの花束を両手に階段をのぼって、「本当にありがとうございした!ばいばーい!」と満面の笑みでステージから去っていきました。

 

 

15日に急きょ発表されたコンサートにもかかわらず、同所に併設されたイベントホールでのライブビューイングとあわせて3万7237人の“モノノフ”(ももクロファン)が集結。有安のメンバーカラーである緑色を身にまとったファンが数多く見守るなか、その声援に応えるべく身長148センチの小柄ながら力強い歌声とパワフルなダンスで魅了しました。

 

引退発表当初は「『文春砲』を食らった?」「何かしらのスキャンダルが出る?」といった憶測がファンの中で乱れ飛んでいましたが、実際の文春砲は「小室哲哉の不倫疑惑」で持ち切り。ならば、引退の理由は何なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

ファンの間では、もともとほかの4人に比べて、有安だけが浮いた存在だったのはよく知られていますね。もっともアイドルらしからぬ存在であったのは確かであり、彼女が『普通の女の子の生活を送りたい』と述べたのは、本音ではあるでしょう。メンバーの中で、唯一大学へ進学していたことからもわかる通り、アイドルや芸能界だけではない将来のビジョンもあったのかもしれません。発表のタイミングは唐突ではありますが、かねてよりメンバー間では話し合いが重ねられてきたようです。

 

 

もともと有安は子役出身であり、0歳の赤ちゃんモデルを皮切りに、長らく芸能界で活躍してきた。このあたりで一区切りをつけ、ほかの世界を見てみたい思いもあったのかもしれない。芸能界については、完全引退を宣言しているが、実際のところはどうなのか。

彼女は大学では写真を専攻していました。さらに、2016年には自らのソロライブの企画や演出を担当しています。アイドルとして表に出るだけではなく、広い意味でアーティストとして活動していきたい思いもあったのではないでしょうか。時間をおいて活動を再開する可能性もありそうです。

ひとまず、引退理由は熱愛発覚などのスキャンダラスな内容ではなさそうです。ダメージの大きい「文春砲」を食らわなかったことに、ファンは安堵しているかもしれませんね(^^)/

スポンサーリンク
関連コンテンツ