【警告】子供が標的に!悪質な動画「エルサゲート」って知ってる?対策方法は?『動画あり』

2018年1月30日

スポンサーリンク

 

 

 

『エルサゲート』とはインターネットの動画サイト主にYouTubeなどで子どもに動画を見せていたら、いきなり残酷な内容に急変。子育て中の親の間で、そうした悪質な動画が問題視されています。一見かわいらしい作品を装い、運営会社の規制をすり抜けているのが現状だだそうです。子どもをスマートフォンで遊ばせる「スマホ育児」が広がる中、「子どもが見ると、悪影響がある」と注意を呼び掛けています。

 

 

不適切な内容とは

 

 

 

 

・キャラクターの排泄行為が延々と続く
・正義のヒーローなのに子どもに暴力をふるったり怖い武器を使ったりと、単なる暴力行為になっている
・キャラクターによって子どもが生き埋めにされるなどの虐待
・セクシーすぎる
・キャラクターの顔にブツブツが出てくる
・クレイアニメながら目をえぐられたり流血したりといった残虐なシーンがある

スポンサーリンク

 

と大人からすればしょうもない映像ですが子供が見るとかなりショックを受けてしまう映像です。こんなことを考えるなんて本当バカげていますが実際に被害が出でいて動画サイトユーチューブは、プログラムによる検出や視聴者からの報告で不適切な動画を削除しているそうですが、エルサゲートは数が多い上に「色を学ぶ」などのタイトルで幼児教育用を装っており、監視が追い付いていないのが現状です。

 

 

 

またユーチューブには自動再生機能があるため、有効にすると関連動画が続けて再生されます。そのためエルサゲートが次々と流れる恐れがあります。

 

 

対策としては親が事前に動画を一度見て確認しておくほかありません。忙しい親御さんには手間でしょうが今のところは子どもにスマホやタブレットを渡して一人で動画の閲覧をするような状況にしないこと、見るなら親も一緒にチェックすることが呼びかけられています。

 

 

「ユーチューバー」は小学生の憧れの職業として上げられるように、動画は楽しいものであり、同時に自己表現力や物事を発信する力、モノづくりを学べる場でもあります。親にも、忙しい毎日の合間に、動画は少しの癒しの時間を提供してくれます。

 

 

いいところも悪いところもあるのがインターネットの世界です。親の監視を上手に入れつつ、有効活用する方法を考えていきたいですね。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローする