ネットで話題の美人すぎる将棋棋士『室田伊緒』実はバツイチ!経歴や元夫『井山裕太』との離婚原因、再婚など徹底調査

スポンサーリンク

 

 

 

最近ネットで美人すぎる将棋棋士と話題の『室田伊緒』さん。この幸の薄さといいオタクの”好き”が詰まってると耳に入ったのですかさず調べてみました!

 

 

早速『室田伊緒』さんとはどんな方なのか調べたところ本当にお美しい方でした。和風美人です!その画像がこちら!

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/ofmc7s/status/949372476168880129

将棋を指す姿なんてもうセクシーすぎますよね。

 

 

そんな室田さんですがどんな経歴があるのでしょうか?

 

 

プロフィール

室田伊緒  むろた いお
生年月日: 1989年5月24日 (28歳)
生まれ: 愛知県 春日井市
配偶者: 井山裕太 (2012年 – 2015年)

なんと室田さんはバツイチだということが判明しました。調べたところ元旦那さんもプロの騎士さんで28歳という若さで、囲碁界において前人未到の数々の記録を打ち出し、「囲碁界の錦織圭」なんて言われているそうです。

スポンサーリンク

 

ちなみに室田さんと元夫井山裕太さんは同じ1989年5月24日生まれだそうです。「あ!同じ誕生日だね!!」って最初は惹かれ合ったかもしれませんね(#^.^#)しかも、記念すべき2人の誕生日に入籍をされています。

井山棋士と室田棋士結婚式

 

そんなお二人の現実は甘くなく結婚生活3年でピリオドを打ちました。どうして離婚してしまったのでしょうか?

 

あくまでも推測ですがお二人とも仕事の忙しさで上手く家庭生活を送れないストレスが溜まっていたのではないか、と思います。井山さんはその人気振りから、仕事で日本中を飛び回るのが当たり前だったようですから、それも室田さんが寂しさを感じたのでしょうか。

 

 

あるいは井山さんの方が、室田さんにもっと家のことをしてほしく、子供も早く作りたいという気持ちがあったとか。

 

どちらにせよ、やはり仕事の多忙さからのすれ違いが離婚の原因と言えるかもしれませんね。取りあえずは二人納得しての円満離婚だとはいいます。まあまだ若いですから今後素敵な彼が見つかることいいですね。

 

 

ところで室田さんは将棋の実力はどうなのでしょうか?

 

 

 

将棋を始めたのは11歳のとき。弟の影響を受けて将棋を始めたといいます。2004年には第36回女流アマ名人戦に優勝。同年の第42期赤旗名人戦にも出場し、男性トップアマを相手に本戦トーナメント入りし、準々決勝で吉田正和騎士に敗れたそうです。同棋戦の女性の本戦入りは大会史上初。

 

2004年後期、女流育成会に入会。翌2005年10月、制度上最短となる1年(2期)で育成会を抜け、2005年10月1日付で女流2級としてプロ入り。

 

第17期女流王位戦で予選を勝ち抜き、本戦リーグ入りを果たすします。女流2級から女流1級への昇級規定「女流王位戦でリーグ入り」を満たし、プロ入りから半年後の、2006年4月1日付で女流1級に昇級。

 

2007年度(2007年4月から2008年3月)に、女流初段への昇段規定「女流1級で指し分け以上(7勝以上)」を満たし、2008年4月1日付で女流初段に昇段。2014年9月10日に、第26期女流王位戦予選で船戸陽子女流二段に勝利し、女流初段昇段後60勝となり、女流二段に昇段。

 

 

と、まあかなりすごい実力派騎士さんでした。こんなにお綺麗で将棋の成績も凄いのできっと頭もいいに違いありませんね。今後の活躍に期待です!!

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ