【NHK】教育テレビ『ざわざわ森のがんこちゃん』昔の面影はどこへ…恐竜の姿からまさかの新シリーズは萌えキャラ化に!!どうしてそうなった?詳細は?【動画あり】

2018年2月14日

スポンサーリンク

 

 

皆様おなじみのNHKの人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」のテレビアニメ版の新シリーズ「がん がん がんこちゃん」(NHK・BSプレミアム)で、主人公のがんこちゃんが“萌えキャラ化”することが今日2日、判明しました。

 

 

 

ん?あのがんこちゃんが“萌えキャラ”??いやいや、嘘だ~。想像がつかん(;・∀・)

 

ところがこれが本当だったんですね。皆様おなじみ「がんこちゃん」とは本来ぬいぐるみの人形劇物語ですよね。さかのぼることなんと1996年4月8日から放送を開始して、本日2日の放送を合わせると145回目だそうです。長い歴史がありますね。

 

「がんこちゃん」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

そんな「がんこちゃん」が擬人化になり、それも萌えキャラ美少女だということで詳細を調べました。

 

もともと「がんこちゃん」とは

環境汚染の影響で一部の地域を除いて地球は砂漠化し、人類が滅亡に。そこではかつて人間による遺伝子操作によってつくられた高度な知能を持つ恐竜などの動物達が、人類に代わり、地球でくらします。「ざわざわ森のがんこちゃん」は都会から、まだ自然が残る「ざわざわ森」へ引っ越してきた恐竜一家と、その仲間達の物語だそうです。

 

 

なるほど、そんな深い設定があったんですね。とりあえずがんこちゃんの世界って人類滅亡してできた世界だということに初めて知りました。驚きですね。

 

 

そして、新シリーズ「がん がん がんこちゃん」は、2月4日から新シリーズが放送開始となり、4日には「巨大がんこ」、11日には美少女姿になった「萌えがんこ」が登場するとのことです。どんなストーリーなのかわまだ発表がないため分かりませんが、人形劇からアニメに飛び出し、ますます進化を続けるがんこちゃんに注目です。

 

 

新シリーズは、BSプレミアムで、4日から毎週日曜午前7時55分に放送です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ