現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【バイキング】漫画家やくみつる氏、日本相撲協会の理事候補選挙結果をめぐって俳優・坂上忍ブチ切れ!!スタジオ凍り付く…

スポンサーリンク

 

 

 

 

本日放送された「バイキング」では日本相撲協会の理事候補選挙結果をめぐり俳優の坂上忍(50)と漫画家やくみつる氏(58)が激しいバトルを繰り広げ、スタジオを凍りつかせました。この1部シーンについて視聴者からは様々な声が上がっています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます! 画像をクリックして詳細を確認

 

 

などなど、そもそも事の出来事は番組内で放送された「貴乃花親方が落選した理事選」を振り返り、坂上さんは日本相撲協会と世間とのズレを指摘。見てわかるように協会側と打って変わり大多数の相撲ファンが貴乃花親方を支持する調査結果を紹介されました。

 

 

その結果に対しやく氏は「よくもまあ、これだけ無意味なことに時間を費やしたと思いますね」と棘のある一言。「そんな単純なもんじゃないですよ、善と悪でわけられるみたいな。どっちも悪でも善でもない。貴乃花もそんなに改革に対して具体的な案を持っているわけでもなくて、土俵の上を良くしようという意味では、八角さんも貴乃花も多分、軸は同じ」とコメント。

 

 

やく氏のこの発言を“手のひら返し”と受け取った坂上さんは、「やくさんも、すごいですね。理事選が終わると今度は協会をバックアップするようなご発言が」と負けじと皮肉。やく氏は悪びれず「私、常に協会与党派ですよ。週刊誌に協会野党って書かれてましたけど、与党ですよ、バキバキの」と主張していました。

 

 

 

 

この口論に対してスタジオには緊張感が張り詰めた様子でした。

 

 

また、東京相撲記者クラブ会友の大隅潔氏もやく氏の意見に共感し、「この一般ファンの投票結果っていうのは、あくまで一般の人の好き勝手」とコメントすると、坂上さんは「ファンなんかどうだっていいっていう発言ですよね!? そう受け取りますよ!」と強く主張。さらにやく氏が「(ファンは)ついてくりゃいいの。大丈夫。良い土俵に努めるから」と協会側の肩を持つと、坂上は「『ついてくりゃいいの』じゃないですよ。こっちはチケットを買って観に行ってんですよ。買いたきゃ買えってことですか!? あきれるわ。何これ?」と声を荒げたシーンが印象的でした。

 

確かに、ファンの言葉は無視!ファンなんだからついてこい!と言われてしまうとファン側からすればカチンとくるものもあります。しかし一方で、ファンだから協会側についていきます。と考える人もいますよね。これに関しては賛否両論と言わざるおえません。

 

 

しかし、ここまで感情をあらわにした詰め寄り具合に引きましたね(;^_^A

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ