【訃報】febbが死亡、所属レーベルが公表。死因は?入院情報や病名などの情報まとめ!!

2018年2月18日

スポンサーリンク

 

 

現在Twitterのトレンドワードには「febb」さんの名前がランクインされており、事の発端は所属レーベルがtweetした「Febbが死にました。御冥福をお祈りします。」の真相についてたくさんの声が上がっています。

 

 

そのtweetがこちら↓↓

 

 

 

febbさんの死去を知らせるツイートのようにも見えますが、正直このtweetが事実であれば「死にました」と言う表現はいかがなものかと思います。せめて「お亡くなりになられました」など、もう少し敬意を込めた文面の方が良かったのではと思いますが、一方でこのtweetに対して事実かどうか疑う声も多いようでした。

 

 

febbさんの死去の真相を確かめるべくご本人のツイッターを見てみるとどうやら4か月ほど前から精神科に通われていたようです。

 

 

所属レーベルからのツイートですし脱退と言う意味での概念的なtweetとも取れますが、もし仮に死去の報度が事実だったら「自殺」と言う線もあり得ます。しかし事の発端、所属レーベルから死去以降の詳細を明かされていないため不明のままです。

 

 

引き続き詳細が待たれます。

 

2月18日追伸、詳細が判明しました!!

【訃報】FEBB(Fla$hBackS)の死因が判明。不慮の事故だった

スポンサーリンク

 

 

febbさんとは。。。

 

DJやラッパーとして活動されていてパーティやミックステープなどで活躍されていました。

 

16歳でシーンへ登場し、自由な立ち振る舞いと高いスキルで注目を浴びます。自身のトラックと海外の楽曲をリミックスしたアルバム『3000』のほか、客演やトラック提供などで精力的に活動。jjj、KID FRESINOとのユニット“Fla$hBackS”として発表した『FL$8KS』が大きな話題を呼んでいます。

 

その時の曲がこちら!

 

 

そして2014年1月、ソロとして初となるアルバム『THE SEASON』をリリース。

 

その時の曲がこちらですね。

 

 

ソロの活動に加え、近々とFla$hBackSのリリースも噂されていて、そんな大注目のFEBBさんが死去となれば悲しみの声が絶えないはずです。

 

死因については、そもそも死去が事実かどうかも情報が少なすぎてわかりませんでした。引きつづき調べます。

スポンサーリンク
関連コンテンツ