東京五輪のマスコットデザイン「ア案」をした作者は?パクリ問題は大丈夫?

スポンサーリンク

 

 

2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが「未来ロボット型」の”ア案”に決定しました。全国にある小学校約28万クラス中、20万クラスが投票した「全国小学生総選挙」により子供たちが選んだ、開票結果を大会組織委員会が先ほど28日に発表されました。得票数は10万9041票と圧倒的な人気でした。

 

 

昨年の8月から、一般公募で2042作品が集まり、選考過程を経て12月にア、イ、ウの最終候補3案が公開されました。そのデザインがこちら↓

 

 

 

一般市民が投票し、マスコットを決めるのは五輪史上初めてのこと。

 

今回採用されたア案の作者は福岡県のキャラクターデザイナー谷口亮さん(43)。

 

谷口さんのツイッターがこちら↓

 

谷口亮さんとは。。。

「谷口亮」の画像検索結果

福岡県福岡市出身・在住のイラストレーター・キャラクターデザイナーさんです。

 

 

普段はこんな感じのイラストを描かれています↓

スポンサーリンク

 

 

日本の高校卒業後、米カリフォルニア州にある大学で美術を専攻し、帰国後にオリジナルキャラクターとして活躍。その後、路上でキャラクターグッズを販売しながら人脈を培い、今に至ったそうです。教育系出版社「ベネッセ」などでキャラクターデザインを担当するなど博多警察署・防犯協会の「いかのおすし」のキャラクターイラストも手がけた凄い方なんですね。

 

今回選ばれたデザインは大会エンブレムでも使われている青い市松模様をテーマに、伝統と近未来性を併せ持つキャラクターとして描かれたそうで、伝統を大切にしながらも、常に最新情報をキャッチする谷口さんならではの作品ですね。

 

「パラリンピック版」はピンク色の市松模様で、日本の伝統・桜のイメージがあり、自然を愛し、石や風と話せて、見るだけで物が動かせる超能力を持つと言う設定だそうです。

 

 

2つのキャラクターの性格は正反対ながらも、お互いを認め合う大の仲良しだそうです。

 

 

 

マスコットの名前はまだ検討中だそうで、こちらは一般公募ではなく専門家や作者である谷口さんが相談して7、8月ごろに決定、公表するそうです。

 

 

パクリ問題については今のところ上がっていませんので大丈夫みたいですね(^^)/

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ