【速報】新燃岳が噴火したもよう…被害や今後の活動は???「ライブ中継あり」

スポンサーリンク

 

 

本日1日に、鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳で午前11時ごろ噴火したと言う情報が入ってきました。気象庁の発表によると

 

福岡管区気象台によりますと、鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳で午前11時ごろ噴火したもようだということです。

新燃岳では1日朝8時すぎから地下の熱水やマグマの動きなどを示す火山性微動が続いていて、気象庁は噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね2キロの範囲まで影響を及ぼす噴火の可能性があるとして、大きな噴石などに警戒するよう呼びかけています。

 

新燃岳が噴火するのはおよそ5か月前の去年10月17日以来です。
新燃岳では1日朝8時すぎに発生した地下の熱水やマグマの動きなどを示す火山性微動が、正午現在も続いているということです。

スポンサーリンク

 

とのことです。現在の新燃岳の様子がライブ配信で流れてます。

 

 

 

鹿児島や宮崎県での各空港を発着する航空機は平常通り運航されており、上空を通過中の航空機も迂回などはしておらず、今のところ航空機への影響はないと見られます。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ