【衝撃】コードブルー、まさかの映画化が白紙に!?山Pが視聴者にブチギレた2つの理由

スポンサーリンク

 

 

山下智久さんと新垣結衣さん豪華有名人らが出演するフジテレビの人気ドラマ「コードブルー」が映画化と言うことで待ちに待った「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の特報映像が解禁されました。

 

 

その映像がこちらです!

 

今年の夏7月27日から公開予定です。

 

2008年に放送が始まったドラマ『コード・ブルー』はその人気っぷりから昨年、第3期が平均14.6%という高視聴率を記録。山下さんや新垣さん、戸田恵梨香さんといった豪華出演者の人気も後押しされ、今回劇場版が公開されることになりました。

 

 

しかし、今回の映画では東京湾のフェリー事故を描くストーリーとのことですが、そのシチュエーションはどこかでに覚えのあるもの...

 

 

それだけにはとどまらず、予告映像が伊藤英明主演の映画『海猿』にそっくり、そのものだということで、視聴者からはブーイングの嵐。

 

 

「海猿」といえば、フジテレビが過去に4本の映画を製作してきたものの、昨年に原作者・佐藤秀峰さんとのトラブルが原因で今後、新作や再放送などは一切公開されることはないとのほうどうがありました。

 

その記事こちらで読めます↓

漫画家の佐藤秀峰がフジTVに激怒!?実写版「海猿」“今後テレビで放送されることは永久にない”驚きの理由が...!!【詳細あり】

スポンサーリンク

 

 

そのため、フジテレビは「海猿」の代わりに「コード・ブルー」をと言う狙いがあると言うわけですが、あからさますぎるその狙いに視聴者は納得できないというわけなんですね。

 

 

更に、視聴者の不満はこれだけではないそうです。

 

 

その内容は、3期で脚本家が変更されたことから、本編に恋愛要素が増えたと一部視聴者から不満の声が殺到。そのため、映画化が発表された際も公式ツイッターには『脚本家を戻してほしい』という要望が鳴りやみませんでした。

 

 

しかし結局、映画版でも引き続き3期と同じ脚本家が起用され、一部ファンを落胆させることとなってしまいました。

 

そのことから山下さんも納得いってないということなんでしょうね。

 

とはいっても、不評だけではありません。多くのファンはドラマ版の続きが見られるという事を心 待ちにしています。ファンだけにはとどまらずもともと連続ドラマだったということで知名度は十分にありついつい劇場にも足を運んでしまうというものですよね。

 

 

何をしてもすべての人が納得するのは不可能なことですし「コード・ブルー」シリーズの映画版も十分ヒットが期待できます!公開が楽しみですね。

 

 

一方そんななか、ある情報では2期まで脚本を手がけていた林宏司さんは、4月から江口洋介さん主演のテレビ東京・ドラマ『ヘッドハンター』を担当。またそのプロデューサーは、堺雅人主演のドラマ『リーガル・ハイ』の稲田秀樹さんということで、フジテレビからは次々と優秀なスタッフが流出しているという噂も。フジテレビまさしく崩壊の危機ですよね(;・∀・)

 

 

 

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ