【大炎上】「コロコロコミック」連載中止か!?『やりすぎ!!!イタズラくん』でチンギス・ハンを侮辱。作者・吉野あすみとは?【画像あり】

スポンサーリンク

 

 

 

小学館は本日6日、人気漫画雑誌「月刊コロコロコミック」3月号を『全店で販売を中止』とすることを発表しました。販売中止に至った理由は、当雑誌に掲載された「やりすぎ!!!イタズラくん」で、モンゴルの英雄チンギス・ハーンの肖像画に男性器を落書きした場面があり、批判が殺到、問題となりました。

 

 

その一部がこちら↓

「コロコロコミック」の画像検索結果 「やりすぎ!!!イタズラくん」の画像検索結果

 

 

 小学館は公式ホームページで

『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました。また、『コロコロコミック』3月号をお買い上げいただいたお客様で返品を希望されるお客様に対しては、定価相当を返金いたします。その方法については、詳細が決まり次第、弊社ホームページ上に告知いたします

とコメントを掲載。

 

問題となった場面をめぐり、モンゴル出身の元横綱・朝青龍は母国の英雄を侮辱されたことを「あれ得ない!悲し涙!大好きな日本人がこんな風に」とツイッターで悲しみを露わにしています。

そのtweetがこちら↓

(現在は削除されているようです)

 

 

また、ネット上でも批判が相次ぎ、在日本モンゴル大使館も公式フェイスブックページに臨時代理大使名で抗議文を掲載するなど、おおきな波紋が広がっています。

 

 

 

 小学館はこの出来事に対して既に23日公式ホームページで

スポンサーリンク

モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます。今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です

と謝罪していますが、紀伊国屋書店らが取扱いを中止など損害は大きいようです。

 

 

 

ところで、問題となった作品の作者・吉野あすみさんとは。。。

 

 

漫画家のほとんど方たちは、あまり素性を明かさずに活動している人が多いので、吉野さんの情報を掴むのは難しいようです。また、吉野さんご本人のTwitter公式アカウントは問題が起きてから鍵をかけられたようで、素性などははっきりと分かりませんでした。

 

 

分かったことは本名が『吉野明日美』さんでそのままと言うことで、年齢は非公開で不明でした。

 

 

過去には第72回児童部門佳作を受賞した『悪魔製菓』と言う作品がありました。

 

こちらから読めます↓

http://shincomi.shogakukan.co.jp/happyo/72/01/04/01/12.html

 

 

しかし、公式のTwitterを非公開にするという行動によって、この問題の炎上が収まる事はなく、余計にヒートアップしてしまう事態を招き、未だ自身の口からは、一言謝罪もありません。

 

 

今後の処分など早急な対応が望まれますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ