【相棒】加藤清史郎くんがシックスパックだったことに驚きを隠せない...【衝撃の腹筋画像あり】

スポンサーリンク

 

 

 

かつてCMキャラクターの「こども店長」で一世を風靡した子役の加藤清史郎くん。あれから早くも9年近くがたち、本日に7日に放送された人気ドラマ「相棒」で現在の姿を披露するや否や、その反響は広くSNS上で話題になっています。

 

話題を呼んでいる現在のお姿がこちら↓

 

 

 

あの幼かった清史郎くんではなく、すっかり大人っぽく成長した姿に驚きが隠せませんね。

 

 

そして最も話題となった腹筋画像がこちら↓

 

 

勇ましいですね(^^♪

あれから9年もたつとこんなに成長するものなんですね~。

 

 

ちなみに清史郎くんは子役時代にも相棒に出演していて、その時の画像がこちらです↓

 

 

 

加藤清史郎くんとは。。。。

名前:加藤清史郎(カトウセイシロウ)

生年月日:2001年8月4日 (現在16歳)

出身地:神奈川県

身長:160 cm

レーベル:avex pictures

 

もともと人見知りを全くしない子だった清史郎くんは、思い出作りになればとお母さん勝手の希望で生後2か月の時劇団ひまわりに登録したそうです。そしてことがきっかけで、1歳1か月で芸能界デビュー。3歳から劇団ひまわりの幼稚部のレッスンに通われていたそうです。

 

デビュー当初のお写真がこちら↓

 

2009年9月2日、NHK・みんなのうたで2009年夏に流れた演歌「かつおぶしだよ人生は」でわずか8歳にして歌手デビューも果たします。12月時点でCD売上約2万枚、音楽配信と着ボイスの合計で13万ダウンロードにまで到達。

 

実は清史郎くん、演技だけじゃなくて歌唱力もあるんですね。それがわかる動画がこちら↓

スポンサーリンク

 

 

 

そして歌手だけにはとどまらず、同年10月16日に書籍『こども役者 加藤清史郎のきもち』で作家デビュー。

 

一方でバラエティー番組などにも一時期は引っ張りだこでしたよね。その中で出演した際には、出身は横浜市としていますが、プロ野球は熱烈な阪神ファンであることを公表、特にお気に入りは引退した金本知憲元外野手と赤星憲広元外野手だといって野球好きであることを明かしていました。

 

2011年7月13日には大ファンである阪神の始球式に主演映画である『忍たま乱太郎』の主人公・猪名寺乱太郎の姿で登場し4万人以上の観客から大喝さいがわきました。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

近年、目立った活動などはなかったようですがミュージカル俳優の山崎育三郎さんが歌う「ずっと好きだった」のPVに出演されているようです。

 

 

 

今回の相棒出演でまた注目度が上がった清史郎くん、今後の活躍に期待ですね(^^♪

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ