【森友問題】財務局職員の赤木俊夫はやっぱり自殺じゃなかった!?遺書の発覚で国会の闇がとうとう流出!!

スポンサーリンク

 

 

 

森友学園への不当な国有地払下げ問題をめぐって、深く関わっていたとされている近畿財務局の職員が、神戸市の自宅で首を吊って死亡しているのが発見されました。事件性はないとみられ、自殺とみて調べているとのことです。

 

報道によれば自殺したのは赤木俊夫さんと言う方で上席国有財産管理官だったそうです。顔画像や経歴などの情報を調べたのですが、FacebookやTwitterなど本人と思われるアカウントを特定することは難しく特定できませんでした。

 

その赤木さんと言う方は、払い下げの価格交渉で汚れ役を一身に背負わされていた池田靖統括官の直属の部下だったと言うことで発見された自宅となっている神戸市内の国家公務員宿舎には「改ざん前の原本」と「遺書」があったとされています。

 

 

赤木さんは問題となっている文書改ざんに直接関わっていたそうで、いわば“実行犯”の一人とされていました。

 

 

この一連の問題では、幹部職員(死亡した職員の上司)と学園側が2016年に交渉した際のものとされる音声データの存在が明らかになっているとのことで音声では、籠池被告が「グーンと価格を下げて」と求め、幹部職員とみられる男性が「ゼロに近い金額まで努力している」などと応じていたそうです。これについて、大阪地検が背任や公用文書毀棄(きき)容疑などの告発を受け現在進行形で捜査しており、近畿財務局職員らからも事情を聴いているそうです。

スポンサーリンク

 

 

一方である報道によると自殺されたとしている赤木さんの遺書には組織に対する恨みが綴られていたそうです。また、上司の実名を挙げて「●●から やらされ(書き換えを命じられ)た」と書かれているとの情報も上がっていました。

 

これの報道が事実だとすれば赤木さんが最後に残したこの遺書も国会の不都合となればもみ消されるかもしれませんね。

 

赤木さんは昨年後半から休職中だったそうですが、国会で文書改ざんの件が大問題となったことを受け登庁し、その翌日に自らの命を絶ったと報道されています。しかし、この偶然言えば出来過ぎた状況なだけに口封じという可能性が極めて高いと思います。国民の疑問は募るばかりです。

 

 

この一連、森友問題の関係では、既に田中造園の秋山肇さんが、自殺されており今回で二人目となりました。何かを隠そうとしているかのように取り繕われたこの問題はいつ解決するんでしょうか?これ以上、犠牲者が出ないことを祈るとともに、亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

 

 

今回の報道を分かりやすく解説された動画を見つけましたので載せときます!

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ