【オウム死刑囚】菅野完「安倍総理が森友隠しのために死刑執行」発言をしてとんでもないことに...【画像】

スポンサーリンク

 

 

オウム真理教による一連の事件で、東京拘置所に収容されていた死刑囚13人にうち7人を、法務省は今日14日に、東京拘置所から他の拘置所・支所への移送を始めました。明日、15日までに移送を完了する予定とのことです。

 

 

一連の事件の刑事裁判は今年1月すべて終結しており、法務省は執行の時期を慎重に検討しているとみられます。

 

今回移送されたのは、

 

中川智正(55)

「中川智正」の画像検索結果

 

新実智光(54)

関連画像

 

 

林(現姓・小池)泰男(60)

「林(現姓・小池)泰男」の画像検索結果

 

早川紀代秀(68)

「早川紀代秀」の画像検索結果

 

井上嘉浩(48)

関連画像

 

岡崎(現姓・宮前)一明(57)

「岡崎(現姓・宮前)一明」の画像検索結果

 

 

横山真人(54)

「横山真人」の画像検索結果

 

の7死刑囚です。

 

死刑を執行するのは、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7拘置所。このうち、仙台に1人、名古屋に2人、大阪に2人、広島に1人、福岡に1人移送されたとみられています。

 

ちなみに、複数の共犯者がいる事件の場合、審理は同じ裁判所で行われることが通例で、通常でいくと被告人は同じ拘置所に拘置されます。それから裁判が終了すると、死刑囚は別々の拘置所に分散して収容されると言う流れです。

スポンサーリンク

 

しかし今回、分散は、死刑囚を収容する場所が限られているため他の死刑囚の刑が執行された場合、残された死刑囚に心理面で影響を与えるのを避けることや、同日に執行になったときに、拘置所職員への負担を軽減するなどの目的があるとみられますね。

 

一連のオウム真理教事件では、麻原死刑囚ら13人の死刑、6人の無期懲役が確定しています。そして、今年1月に元信者、高橋克也受刑者(59)の無期懲役が確定し、全ての裁判が終結しました。

 

 

一方で今までは法務省が死刑執行について検討している事を事前に知らせるケースは前代未聞です。すなわち、森友問題で世間がゴタゴタしているこの時期に行われるということで何らかの仕組みが出来上がってるのでは?と観る人も多いですよね。

 

 

 

このtweetをしたフリーライターの菅野完さんもそう思っている1人でした。

 

 

かえってこのような意見もありました。

 

 

 

 

確かに、本気で森友問題を隠したいのならば安倍総理ですし大きな力が働くはずですよね。こんな小作なことはしないはずです。

 

 

まあ、どちらもあくまで推測程度ですので真実かどうかは分かりませんが長年問題視されてきたオウム真理教事件に新たな一歩が進みました。

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ