【訃報】最近では激やせしていた!?「火垂るの墓」「アルプスの少女ハイジ」など手掛けた高畑勲監督の死因は?心臓病の可能性も?

スポンサーリンク

 

 

スタジオジブリ作品「火垂るの墓」など数々の名作品で知られるアニメーション監督の高畑勲さんが昨日5日に、東京都内の病院で死去しました。82歳でした。また、葬儀などの情報は今現在上がっていません。

 

 

関係者の話として「死因などはわかっていないが、去年の夏頃から体調を崩していた」との情報がありました。

 

 

高畑監督とは。。。。

 

「高畑勲 死因」の画像検索結果

 

 

1935年10月、三重県伊勢市生まれ。1959年に東大文学部・仏文学科を卒業し、東映動画(現:東映アニメーション)に入社。親しい仲間内では「パクさん」の愛称で親しまれていました。

64年にテレビアニメ「狼少年ケン 第14話」で初演出を担当。監督デビューは68年の「太陽の王子・ホルスの冒険」。

1985年、盟友・宮崎駿監督とともにスタジオジブリ設立に参加。日本アニメーションの「巨匠」として数々の名作を手がけ尊敬を集めました。

スポンサーリンク

1988年に作家・野坂昭如氏の代表作「火垂るの墓」(1988)をアニメ映画化。太平洋戦争に翻弄された兄妹の悲劇を、迫真のアニメーションで見事に表現。

手描き風アニメーションや水墨画風の色彩表現を追求した「かぐや姫の物語」(2013)ではアカデミー賞の長編アニメ部門にノミネート。

この他に「おもひでぽろぽろ」(1991)、「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994)、「ホーホケキョとなりの山田くん」(1999)など、日本アニメ史に残る名作を監督しました。

プロデューサーとしては宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」(1984)や「天空の城ラピュタ」(1986)などを手がけるなど素晴らしい人生を歩まれてきました。

 

 

しかし、昨年の夏ごろに体調を崩したなど、心臓が悪かったという情報があがっています。

 

 

詳しく調べると、2017年11月に会った関係者からは以前よりも痩せていた、歩くときは体を支えられていた、元気がなく、全く違った人みたいだった、などと言った明白な情報もありました。

 

 

公式的には今現在詳しい死因など明かされてはいませんが、やはり去年の夏ごろから体調を壊されていたのは間違いないようですね。それもかなり状態は良くなかったものでと思われます。

 

 

そうなると、急性的な病気ではなく慢性的な病気を患われていたのかなと推測されます。

 

 

かつては日本を代表する名監督だったにしろ時間の流れには勝てませんよね、82歳と言うことで体の衰えも出てきたのでしょう。

 

 

一部の情報では心臓病だったのでは?とされていますがそれも推測にすぎないので事実かどうかは分かりません。

 

 

改めてご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ