現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【衝撃】ボクシング・比嘉大吾が減量前にとんでもないものを食べていた事が判明!!そりゃそうなるわ...【詳細あり】

スポンサーリンク

 

 

ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の前日計量が今日14日に、東京・九段のホテルグランドパレスで行われ、WBC世界フライ級王者・比嘉大吾さんが900グラムのオーバーでクリアできず。規定により2時間の猶予が与えられたましたが、1時間半後、具志堅会長がギブアップを申し出て再計量は行わず、体重超過で王座剥奪となってしまいました。

 

 

 

 

比嘉さんは1回目の計量で制限体重(50・8キロ)から900グラムオーバーの51・7キロで体重超過。規定により2時間の猶予が与えられた中での減量を目指すものの、午後2時30分過ぎに減量をギブアップしたことが発表されました。日本人が世界戦で体重超過となるのは史上初です。

 

 

比嘉さんの師匠にあたる具志堅用高会長は「重大なことが起こってしまった。非常に申し訳ありませんでした。あってはいけないことが起こってしまった。汗がひとつもでない。リングに上がるかは今晩決めたい。日本でこんなことが起こって、申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

 

 

また、当日計量を経て試合は行われる方向で合意され、実施するかは現時点では未定となっています。

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます! 画像をクリックして詳細を確認

 

今回の挑戦者で同級2位クリストファー・ロサレスさんはリミット(50・8キロ)から300グラムアンダーの50・5キロで一発パス。戦績は比嘉さんが15勝(15KO)、ロサレスさんが26勝(17KO)3敗です。

 

比嘉さんと言えば軽量級の範疇を超える筋肉量を持ち、胸囲97センチは20キロ以上重いミドル級の村田諒太さん(98・5センチ)との差が、なんと1・5センチしかありません。そのため、最近では毎試合減量に苦しんでおり、王座を奪取した昨年5月のフアン・エルナンデス(メキシコ)戦前には減量苦と重圧からパニック障害も引き起こしているなど、度々苦しい姿を目にしてきました。

それと、最近おこなわれた3月のWBC世界バンタム級タイトルマッチで、山中慎介さんとのダイレクトリマッチ(直接再戦)に臨んだ王者ルイス・ネリさん(メキシコ)が1回目の計量で2・3キロという前代未聞の体重超過を犯し、約2時間後の再計量でも1・3キロオーバーで王座剥奪となったばかりなだけに、今回の体重超過は尚更痛いものとなりました。

 

一方で、減量前に比嘉さんがある番組で口にしていたものが響いたのでは?とも言われているようです。

 

 

その映像がこちらです↓

 

 

どうやら、減量前の食べおさめに焼き肉を食べていたようですね。これは計量に関係ないと思われますが減量に失敗しただけに痛いところを付かれてしまっているようです。

 

期待されていただけに今回の失敗にはショックを受けた人も多いと思いますが、当の本人が1番つらいものだと思います。

 

 

気持ちを入れ替えて、今後の活躍に期待です。

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ