【そうだったのか】ケイトスペード自殺の理由について衝撃の事実が!!

スポンサーリンク

 

 

世界的人気ファッションブランド「ケイト・スペード」の創業者であるケイト・スペードさんが2018年6月5日亡くなりました。自宅で首を吊った状態で発見され、恐らく自殺ではないかと報道されています。

 

 

ケイト・スペードといえば、日本でも知名度があり財布やバックが有名ですよね。全世界でも300店舗以上もあるとか。

 

 

しかし、そんな偉大なブランド創業者であるケイト・スペードさんがどうして自殺されてしまったのでしょうか?死因や首を吊った理由、また夫や家族についても詳しく調査してきました。

 

まず、ケイト・スペードさんとは。。。。

 

 

名前:ケイト・スペード(Kate Spade)

生年月日: 1962年12月24日(現在55歳)

スポンサーリンク

国籍: アメリカ合衆国

職業: ファッションデザイナー

 

 

アリゾナ州立大学でジャーナリズムを勉強。

卒業後は女性誌マドモアゼル(Mademoiselle)などでジャーナリストとして働く。

1993年に夫のアンディ(Andy Spade)と共に自身の名を冠したファッションブランドを設立。

のちに、明るい色使いや模様をあしらったハンドバッグなどがキャリアウーマンの間で人気殺到。

2007年、ケイト・スペード夫妻はリズ・クレイボーン社に株を売却。

同年、チーフクリエイティブオフィサー兼共同社長として、バナナ・リパブリック、バーバリーで活躍したデボラ・ロイドを迎え入れる。

2017年には269の国と地域で180店舗以上を展開。

同年、人気ブランド「コーチ」に買収される。

 

と、なかなか一般人では味わえない波乱万丈な人生を送られてきたということは分かりますよね。

 

報道によるとケイト・スペードさんの死因は、自ら命を絶ったという事で自殺の可能性が高いと言われています。首を吊った状態でいるところを家政婦に発見され、また、自宅には遺書が残されていたようですので、事件というよりはやはり自ら亡くなった可能性が高いと思われます。

 

 

一見、充実した人生を歩まれていると思われる経歴なだけにどうしてこんな結末を迎えてしまったのでしょうか?

 

 

思い当たる節と言えば、やはりブランド「kate spade」に対する思いが溢れたのではないかと言う声が多いですね。

 

ケイト・スペードさんは、実は10年以上前から経営としては退いていたようなんですね。そして、昨年にはライバルと言っても過言ではない「コーチ」に買収されています。

 

 

それだけではなく、2018年春の売上状態は壊滅的で最近では素材が悪いという声が多々画がるなど、加えて買収された事により自分自身との考えに相違があった可能性がも考えられますよね。

 

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ