スーパーに乗用車突っ込み14人重軽傷。矢島克人容疑者の車の動きが...(ドラレコ動画あり)

スポンサーリンク

 

 

今月10日午後3時55分ごろ、群馬県渋川市行幸田のスーパーマーケット「とりせん渋川店」で、乗用車が店舗入り口に突っ込み、店内にいた買い物客や従業員など6~78歳の男女14人が負傷。うち5人が重傷と言う事故が起きました。

 

 

事故当初、重体が1人と上がっていましたが、実際のところはいなかったようです。あれだけ大きな事故ですし現場も相当パニックになり情報が混乱したのでしょう。

 

 

県警渋川署は同日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、乗用車を運転していた同市半田の無職、矢島克人容疑者(55)を現行犯逮捕。

 

調べに対して、「右半身がしびれ、アクセルを踏み込んでしまった」などと容疑を認めているとのことです。矢島容疑者は買い物を終えて帰宅途中だったといいます。

 

 

乗用車は店舗の正面出入り口を突き破り、店内に約15メートル侵入。

 

レジや陳列棚に衝突し店内にいた買い物客や従業員などに接触したのちに停車。

no title

 

黒い車ワンボックスの車種はVOXYで、北側にある駐車場からスピードを落とさないまま突っ込み、買い物客らが次々にはねられたということです。

no title

スポンサーリンク

 

目撃情報によると

「車は猛スピードで突っ込んでいった。駆けつけると、運転手に意識はあったが、呆然とした様子だった」

「駐車スペースからいったん出た後、車はお店の方に突入した」

「男の子が頭を切っていたので服で止血した。運転手は男性で、警察との受け答えはできていた。」

とのコメントがありました。

矢島克人容疑者のニュース画像

矢島克人容疑者のニュース画像

 

運転していた矢島克人容疑者は、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた。大勢の人をけがさせたことには間違いありません」と話していると言うことですが、ドライブレコーダーの映像を見る限り踏み間違えたにしては、距離時間長すぎるのではないかと思います。反射神経を考えるともう少し被害は減少できたのではないかと思うと本当に悲劇的な事故です。

 

現場はJR渋川駅から南南西に約1.5キロの商業施設や住宅がある地域と言うことで利用者も多かったと思われます。日曜日と比較的買い物客が多い中で、これだけの事故が起き死者が出なかったことが幸いですね。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ