【タイ洞窟】ついに13人全員を救出!!秘境洞窟に入った本当の理由がやばいwwww

スポンサーリンク

 

 

タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められていた少年ら13人全員の救出が7月10日に成功したとの情報がありました。

 

 

8〜9日の救出作業で少年8人が脱出に成功。洞窟内には少年4人、コーチの男性1人の計5人が残っていましたが、10日に全員が救出され、実に遭難から18日目にして全員が救出されました。

 

 

洞窟に閉じ込められたのは、同じサッカーチームに所属する11~17歳の少年12人とコーチを務める男性(25)。

 

 

6月23日、洞窟に入ったものの、大雨の影響で大量の水が洞窟内に入り込み浸水。

 

洞窟の入り口から約5キロ奥の場所に閉じ込められ、少年らは引き返せなくなりました。

 

「タイ洞窟」の画像検索結果

 

救出作戦開始当初、助け出されるまでに3か月から半年近くがかかると言われていて、まだ予断を許さない状況が続いていましたが、大雨など現地での悪天候が予想されたため、タイの地元当局は救出作業を急ぐことを決断。

 

 

洞窟内の浸水部分では、少年らはダイバーに付き添われながら泳いで移動する形をとったそうです。

「タイ洞窟」の画像検索結果

 

水中では少年らの体力を配慮してダイバーが背負う空気ボンベを少年らも共有し、水中での移動が約3時間も要するという点が、懸念されていました。

スポンサーリンク

 

 

また、6日には活動中の元特殊部隊員が洞窟の奥へと空気ボンベを運び終えて戻ってくる際、自身の空気がなくなり、酸欠状態になり、亡くなるという非常に残念な結果となりました。

 

洞窟内での移動の難しさが改めて浮き彫りになりました。

 

そのことから、空気が足りなくなったときに備え、移動経路に代えのボンベを事前に設置。そのため、タイ海軍の特殊部隊員や国外のダイバーら計90人体制で慎重に準備を進められていました。

 

 

一方で、そもそもどうしてそんな危ない洞窟に少年らは入ってしまったのか?と言う疑問が浮かびますよね。

 

 

じつは、洞窟は鍾乳洞になっており、幻想的な光景に海外からやってくるマニアの間では人気スポットなんだとか。

 

そこで少年たちは、よく肝試しで洞窟の奥まで入っていたり、この日は、サッカーチームのメンバーの誕生日ということもあり、中でハッピーバースデーを歌おうと入ったようでした。

 

 

その結果、こんな大惨事になってしまったのですが、無事に助かった理由としてサッカーチームの25歳のコーチが、リーダーになって少年たちが持ってたお菓子、水などを分け合って食べるように指示。体力をつかわず動かないようにして、いつか救助が来るからと励ましあって待っていた事があげられています。

 

 

これが日本なら「自己責任」などと責任論が問われるところですが、無事に救出され現地のコーチを責める声はほとんど上がっていないみたいです。

 

 

いずれにせよ、救出が成功して本当に良かったです(´-`).。oO

スポンサーリンク
関連コンテンツ