日産自動車が大量リコールで倒産!?負債は?

スポンサーリンク

 

 

 

 

大手企業がなんと!無資格の人間に自動車検査をさせていた事が発覚しました。

 

 

 

日産自動車が無資格の補助検査員らに完成車両の検査をさせていた問題で、同社は6日、2014年1月6日~17年9月18日に国内の6工場で生産した軽自動車を除く全28車種と、いすゞ、スズキ、マツダ、三菱各社にOEM(相手先ブランドによる受託生産)供給した10車種計約116万台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。生産した車種全てがリコール対象となるのは異例だそうです。

スポンサーリンク

 

 

 

軽自動車除く全28車種との記載がありますので、2014年1月6日~17年9月18日に購入されたほとんどの方が対象ですねw

 

 

日産って軽自動車より普通乗用車、トラックのイメージが強いので、心あたりのある人は、お近くの販売店へ相談されることをお勧めします。

 

 

今回の件で、日産自動車へ掛かる費用は250億円以上になる見通し。

 

 

それ以外にも、企業ブランドが傷つき、日産車販売への影響が懸念されるので、それらを合わせると、数千億になるかもしれませんね。

 

 

普通の規模の会社だと、余裕で倒産レベルです。。。

 

 

 

120万台以上もの再検査なんて、いったいいつになったら全台終わるんですかね?

 

 

 

恐らく、現場で働くスタッフは、サービス残業に追われるのかな?

 

 

 

日産自動車の西川社長は「国土交通省から指摘されるまでは全く認識していなかった」ってコメントしているみたいですが、

 

 

 

「ホンまかいな?笑」って思いませんか?

 

 

また、みずからの責任も含めた社内の処分については、「私自身が納得できる形で調べて、そのうえで、どう責任をとるか、処分を決めたい」と述べ、第三者を含む調査チームの調査を見極めながら検討する考えを示しました。

 

 

 

 

もし、本当に認識していなかったのであれば、あまりにも会社の事を知らなさすぎです。

 

 

 

これは、責任取って社長を退くべきでしょう。

 

 

 

命を預ける自動車で、今回の「ずさんな検査の状態化」はあってはならない事です。

 

 

 

一刻も早く改善を願いたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ