北朝鮮ミサイル発射計画、米の「完全破壊」を「宣戦布告」と捉え・・・?

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

北朝鮮は今日10日、朝鮮労働党創建72周年の記念日を迎えた。

スポンサーリンク

北朝鮮がこうした節目に合わせて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射など挑発に出る可能性もあり、日米韓の関係当局は厳戒を続けている。

 

韓国軍当局者は10日の記者会見で、「挑発可能性に備え、北朝鮮軍の動向を綿密に監視し、万全な態勢を維持している」と述べた。

 

10日付の党機関紙・労働新聞は1面トップに社説を掲げ、「国防工業部門では、(核開発と経済建設の)並進路線を貫徹し、核武力建設の歴史的大業を完遂しなければならない」と訴えた。

 

9日付の論評では、トランプ米大統領が国連演説で北朝鮮の「完全破壊」に言及したことを改めて非難。

 

「戦争演習」を繰り広げていると強い警戒感を表明した。

 

その上で、「万一、日本が米国の戦争騒動に便乗するなら、わが革命武力の強力な打撃(攻撃)手段の標的とならざるを得ない」と主張。「日本の当局者にもう一度警告する。米国を後ろ盾に無分別に振る舞えば、日本の領土に取り返しのつかない災いを招きかねない」と威嚇した。

 

北朝鮮・平壌を2~6日に訪問したロシアのモロゾフ下院議員は9日RIAに対し、「北朝鮮は新たな長距離ミサイルの発射実験の準備を進めている。北朝鮮側は、彼らがミサイルが米国の西海岸を攻撃できることを証明すると考える数学の計算式も提示した」「論理的に、北朝鮮が10日の朝鮮労働党創建記念日までにミサイル発射を行う可能性がある」と発言した。

 

そのうえで「われわれの理解では、北朝鮮は近い将来にもう一度長距離ミサイルの発射実験を実施する。北朝鮮側のムードは全般的に好戦的だった」と語った。

 

モロゾフ氏は今後のミサイル発射について「具体的な日程は示されていない」としつつ、北朝鮮側の「強い決意」を感じたとしている。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ