宮原選手のとなりにいるカッコいいと噂の田村岳斗コーチ、実はとんでもない事をやらかしていたwww【画像あり】

スポンサーリンク

 

 

 

現在行われている平昌五輪では、今日23日フィギュアスケート女子フリーが江陵アイスアリーナで行われ、ショートプログラム75・94点で4位の宮原知子選手が最終組1番目の19番滑走で出場。フリー自己ベストの146・44点で、合計222・38点をマーク。会心の演技を見せてくれました!

 

 

本番では3回転ループはしっかりと着氷。続くコンビネーションジャンプも大きな乱れはなく、3回転フリップもきれいに決めた。後半最初の3連続ジャンプもこなし、転倒はなし。7つのジャンプを完ぺきに決めて、演技終了後には両腕を突き上げる渾身のガッツポーズを見せた。しかし、最終順位は4位で惜しくもメダル獲得はならなりませんでした。

 

 

 

一方で、宮原選手のとなりに座っている田村岳斗コーチがカッコいいと話題になっていますね。

 

そんな田村岳斗コーチについて調べているととんでもない事実が出てきました!!

 

田村岳斗さんとは。。。。

 

関連画像

 

 

名前:田村岳斗 たむら やまと

生年月日: 1979年5月28日 (現在38歳)

スポンサーリンク

生まれ: 青森県 八戸市

身長: 174 cm

引退: 2004年

 

元フィギュアスケート(主に男子シングル)選手で現在はプロスケーター、フィギュアスケートコーチ、フィギュアスケート解説者などで活動されいます。

 

そんな田村コーチの現役時代の演技がこちら↓

 

日本人として初めて4回転-3回転および4回転-3回転-2回転のコンビネーションジャンプを公式試合で成功させたスケーターで、実績としては、1998年長野オリンピック日本代表(17位)、世界選手権通算4回出場(最高17位)、1997年・2003年全日本選手権優勝など数々の功績を残されています。

 

 

ところで田村コーチはイケメンだけではなくユーモアもあるですね!

 

 

それがわかる画像がこちら↓

 

左から2番目の淑女(?)が岳斗コーチです…目を疑いますよね(;^_^A

通称田村ヤマ子さんだそうです。

 

 

そして「ヤマ子被害者の会」

 

こちらは現役超アスリートたちのヤマ子さんにキスされた面々ですね。( ´∀` )

 

 

こんなユーモアあふれる方がコーチだとメリハリもしっかりついて好成績につながりますね。

 

 

次のオリンピックにも期待です(^^♪

スポンサーリンク
関連コンテンツ